ストレス解消に有効【副交感神経を優位】にコントロール!

心の健康を維持していく上で、日々のストレスコントロールは大切です。

でも、ストレスコントロールって、一体何をどうすれば良いのでしょう?


0210

ストレスは自律神経と深い関わりがあります。

 
自律神経ってよく聞くけど、ストレスと何の関係があるの?

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、この二つが交互に優位になったり劣勢になったりすることで、緊張状態になったりリラックスしたりを繰り返しています。

面接やプレゼン前など、緊張感が求められるシーンにおいては、適度な緊張状態でいることが理想的。つまり交感神経が優位になっている状態の方がうまく行くということですね。

だけど、常に交感神経優位のままでいるとリラックスすることができず、ストレスをため込んでしまうことに…。

うつ病などをはじめとする心の病気にかかる初期段階では、このような状態になっていることが多いと言われています。

副交感神経が優位に働くように導いていくことで、自分でストレスを上手にコントロールしましょう。

スポンサー リンク

 
副交感神経が優位に働くようにするには、どうしたらいいの?

副交感神経を優位にするために有効な方法をいくつか押さえておき、日常のなかに取り入れて、ストレスを溜め込まないようにすることが大切。おすすめの方法をいくつかご紹介します。

仕事の合間に、目を閉じて深呼吸

仕事が立て込んでいて忙しいと、イライラして呼吸も浅く、短くなっていることが多いもの。

20~30分に1回は、目を閉じてゆっくり深呼吸し、伸びをしてみましょう。

ゆっくりと深呼吸することで、全身に新鮮な酸素が行き渡って血行が良くなり、体の緊張がほぐれてリラックスしていきます。

脳にも新鮮な血液が取り込まれるので、頭もスッキリしますよ。

スポンサー リンク

好きな香りを楽しむ

お気に入りの香りがするものを身近に置いておき、ストレスを感じたら香りを楽しみましょう。

香水などよりは、アロマオイルやアロマスプレーがおすすめです。

私は常にアロマオイルかアロマスプレーを身近において起き、イラッときたらすぐ香りを楽しんでいます。そうするように心がけているというよりはもう、自然に手が伸びる感じ。

香りをかいでいる間は、自然に深呼吸になるし、心が落ち着いてリフレッシュできます。

アロマの香りでリラックス効果!不安やストレスを解消しよう

多めのお湯・ぬるめのお風呂でリラックス

お風呂は究極のリラックスタイム。

38~40度くらいのぬるめのお湯に、首まで浸かれるくらいのお湯を入れてゆっくり浸かりましょう。

42度以上の熱いお湯にしてしまうと、交感神経が優位になってしまうため、その後の就寝時間までに自律神経のバランスを整えることが難しく、睡眠にも悪影響が出てしまうので気をつけましょう。

お風呂には浮力があり、体を重力から解放してくれます。

お湯の浮力によって筋肉や関節がリラックスできるので、全身の緊張を解放させるためには、半身浴ではなく首まで浸かる全身浴にしましょう。

アロマオイルをお風呂に数滴入れるのもおすすめですよ!

【アロマでリラックス】副交感神経を優位にし、認知症予防効果も!
アロマオイル・イランイランにストレス緩和とうつ病予防効果!
【究極の癒し】ストレス解消には動物画像や映像を見て発散!
【簡単】仕事疲れの気分転換に良い!5つのストレス発散法
ストレス解消法【運動】 -体を動かして発散し、気分転換を-

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする