うつや対人恐怖症によく処方される【SSRI】に副作用はある?

うつ病・社会不安障害(対人恐怖症)と診断されると、SSRI系抗うつ剤が一般的に使われることが多いようです。

SSRI系の抗うつ剤は効果が高く副作用が少ないことで知られていますが…。

ssri

従来副作用が強いとされてきた抗うつ剤と比べ、最近では副作用がないことからSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)系の薬が、うつ、対人恐怖症(社会不安障害)、醜形恐怖症(身体醜形障害)などの症状に処方されることが一般的になってきているようです。

スポンサー リンク

SSRIは多くのケースで高い効果が認められる割に副作用が少なく、
病気と診断される前の段階(気分が重い、気が滅入る、落ち込むなど)など、
軽度の精神疾患にも処方されていることも多いとか。

SSRI系抗うつ剤とは

セロトニンという神経伝達物質があります。

オキシトシンと並んで「幸せホルモン」とも言われるセロトニンは、精神状態を安定させ、幸せな気分にする作用があります。

セロトニンは通常、一度情報を伝えてその役割を終えると、神経細胞に取り込まれます。

SSRIは、このステップを阻止して再度取り込ませない(セロトニンを減らさない)ことで気分をアゲアゲのままにしておいてくれるという薬。

代表的なものに、プロザック、フルボキサミン(商品名デプロメール、ルボックス)、パロキセチン(商品名パキシル)などがあります。

SSRIの副作用

副作用が「少ない」と言われるSSRIですが、
やはり一定の作用がある薬ですから、何らかの副作用の報告はあります。

代表的な副作用としては、
眠気、不眠、ボーッとするなどの睡眠障害
下痢、腹痛、口の渇き、吐き気、むかつき、食欲不振、便秘など消化器系の副作用
その他 めまい、奇妙な夢(悪夢?)、発汗、視力変化、発疹、性欲減退
など。

このくらいの副作用など、うつや社会不安障害の症状が改善されるなら…
と思いますが、中には、暴力的になったり自殺願望が高まるなど、
強烈な副作用もあるようです。

スポンサー リンク

薬物療法だけでは結局もとに戻ってしまうことも

効果が高いと言われるSSRIによる治療ですが、
服用している間に根本的な心の問題を改善していかなければ、
服用をやめた後、もとの状態に戻ってしまうことも少なくありません。

以下は、知人の製薬業界の人が教えてくれた話。

「薬品の効果は、まず寿命の短い小動物で実験され、
実際に人の体を使った「治験」を経て製品化されるが、
長寿命の動物(人間)が長期にわたって薬品を投与されたら
どうなるかの実験はされないまま製品化されている」

つまり副作用がないと言われる薬でも、長期に服用を続けた後、
何十年経った時に何か作用があるかどうかについては、
誰も知らないということ。

まあ、考えてみればそれも当然のことなのかもしれませんが…。

一時的に薬に頼っても、長期的には食生活、生活、考え方などを変えていくべき

薬は、その場その時の精神状態を安定させる効果が認められており、
それによって安心が得られるのであれば、利用を選択肢に入れても良いかもしれません。

うつ病を克服した元日本テレビ報道アナウンサーの丸岡いずみさん
は、
薬物療法によって劇的にうつ症状が改善したとおっしゃっています。

ただし、副作用をしっかりと認識すること。

病院は薬を処方することで儲かるシステムなので、
薬の副作用について詳しく教えたがらないドクターもいると聞きます。

そして、うつや社会不安障害の原因は、
自分の心にかかっている過剰なストレスであることを知り、
そのストレスが何から来ているかを突き止めて最終的には自己認識を変え、
束縛からの解放を経ていくことが本当の治療ではないかと思っています。

(参考:「医者なし薬なしでいつの間にか『うつ』が消える本」宮島賢也著、「薬を抜くと、心の病は9割治る」銀谷翠著、「仕事休んでうつ地獄に行ってきた」丸岡いずみ著)

【危険な副作用】うつ病・花粉症の薬で将来の認知症リスク…!?
対人恐怖症を自力で克服するために変えるべき考え方

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする