【双極性障害の特徴】うつ病との違いと躁状態に関する基礎知識

双極性障害は、誤診率と再発率の高さ・治療の長期化傾向があることなどから、うつ病より治療が困難な病気とされています。

治療方法もうつ病のそれとは根本的に違うものになりますので、本人や家族、まわりの人がうつ病との違いや特徴などを知っておくことが大切です。

0208

うつ病との違い

「双極性障害」に対して「単極性障害」とも呼ばれるうつ病は、常に憂うつでひどく疲れやすく、何に対しても喜びや楽しみを感じることができない状態が続き、躁状態になることはありません。

うつ病では、自分の欠点ばかりが目につくようになって自信を失い、不眠になり、食欲もなくなるため、体重の減少を伴う体調不良もみられます。

これに対し、双極性障害(躁うつ病)は、うつ状態で暗く静かにふさぎ込む日々が続いたかと思うと、突然うつ病が回復したかのように元気になり、明るく創造的でエネルギッシュな状態に激変します。

双極性障害とうつ病とでは、治療方法も異なります。

うつ病によく処方される抗うつ剤を、双極性障害のうつ状態の時に服用した場合、薬物が引き金となって躁状態に転じてしまうこともあるため、正確な診断が求められます。

抗うつ剤を双極性障害のうつ状態の時に処方するかどうかは、基本的にはドクターの判断になりますので、治療方針をドクターとよく確認し、納得したうえで治療をすすめていくことが大切です。

スポンサー リンク

躁状態の特徴

躁状態の時は、本人には病気の自覚はほとんどなく、また、軽度の躁状態では周囲からも病気と気づかれにくいため、躁状態での受診率は必然的に下がります。

躁状態では、幸せな気分や万能感に満ち、明るく社交的で饒舌になります。

創造的でアイデアにあふれ、挑戦を恐れず次々と新しい行動を起こすなどエネルギッシュな一面を見せる一方で、遅刻したり、ものごとを途中で投げ出すなどの迷惑行為、集中力の欠如、誇大妄想、短気、急き立てられるような早口になるなどの特徴がみられます。

うつ状態より恐い躁状態の行動

うつ状態の時は、ふさぎ込んで家や自室にこもりがちになり、活動的でなくなるため、本人は苦しいものの、迷惑行為や破壊行為に走るようなことはありません。

問題は躁状態の時。

重度の躁状態になると、衝動買いに走って不必要なものをバンバン買いまくる、尊大になって相手をバカにしたような態度を取る、他人の都合など顧みることなく夜中に電話をかけまくったりハメを外し過ぎて攻撃的になるなど、常軌を逸した行動に出ることがあります。

極端な行動にもかかわらず、本人には自覚がないことが多く、自分は絶対に正しいと思い込んでいるため、まわりの言うことには聞く耳を持ちません。

これらの常軌を逸した行動は、自分自身の社会的な立場に悪影響を及ぼし、人間関係を損ない、財産などを失う原因となってしまいます。

また、躁状態からさめてうつ状態になった時の自己嫌悪にもなり、自傷行為や自殺企図などの危険行為につながることもあります。

躁うつ状態を認識してから病院を受診する時は、躁・うつ両方の症状を記録しておき、できるだけ正確に症状を伝えられるようにしておくことが、正確な診断につながります。

スポンサー リンク

【双極性障害】脳、遺伝、親との関係、環境、ストレス…原因は何?
うつ病と双極性障害、症状は似ていても脳に明らかな違いが!
双極性障害・統合失調症の遺伝子は芸術性・創造性の延長上に…
子供の注意欠如・多動症(ADHD)の意外な原因・殺虫スプレー

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. bipolar患者です より:

    双極性障害の診断を受けています。ですが、「躁状態では、幸せな気分や万能感に満ち…」私にはこれがないです。
    躁の時こそ不快な気分で、頭が働かず、饒舌どころか言葉が出てこなくなります。

    頭が働いていないのに、「躁」の文字どおり「足がさわぐ」ので動き回ります。
    はたから見ると、これが「エネルギーに満ちあふれている」ように見えるらしいです。

    頭が健康的に機能していない状態で行動しすぎたら、取り返しのつかないような事がいくらでも起こり得ます。

    エネルギー(バッテリー)が切れても動き回るので、その反動で動けない(頭も体も働かない)状態になります。これが双極性障害の人のうつ状態です。

    悲しいことがあって…会社でいじめがあって…かかったうつ病のうつ状態と違うということを、身をもって体験しています。

    • hanako より:

      ”bipolar患者です”さん
      コメントありがとうございます。
      うつ病は心の病気であるのに対し、双極性障害は、一種の脳機能障害と言えるくらい別物ですね。
      症状も、「これ」というものがあるわけではなく、個人個人で色々あるようです。
      (最近の研究では、うつ病患者の脳にも、健康な時とは明らかな違いがみられることがわかっているそうですから、「うつ病は心の病気」とも言い切れなくなってきているみたいですが)

      ADHDやアスペルガー障害のような発達障害は、近年かなり認知されるようになってきましたが、双極性障害はいまだに「躁うつ病」と言われ、うつ病の一種ととらえられることも多く、理解もされていないように思います。

      症状のつらさもさることながら、人々に理解されないこと、これがマイノリティの精神障害の大きな苦しみですよね。

      いつか「いろんな個性の人がいる」というくくりの中で、双極性障害もADHDも対人恐怖症もLGBTも、「個性」として受け入れられる日が来ると良いのですが、世の中は想像以上にマイノリティに冷たい(興味がない)ので、自分自身が強くなっていかないといけないのかな。

      強くなる、とは、「誰がどんな目で見ようと、自分は自分でしかない(だかれこれで良い)」と思う気持ちを持つことかな、と思っています。