能年玲奈の母、洗脳騒動を否定…小泉今日子の個人事務所は動く?

洗脳騒動で最近メディアに取り上げられている能年玲奈さん。

あまりの騒動の大きさに、能年玲奈さんのお母さんが重い口を開きました。

0333

発売中の「週刊文春」によると、玲奈さんのお母さんは記者に対し、洗脳については「ありえない」と完全否定されたそうです。

玲奈さん自身も、
絶対に玲奈は洗脳されへんし。支配されるの嫌いやもん
と言っていたとのこと。

軽度ながらも宗教団体に洗脳されていた私自身の経験から言わせてもらえば、洗脳されていた本人たちは誰ひとりとして「私は洗脳されている」とは思っていませんでした。

「洗脳されている」って自覚できた時は、その支配者からある程度心が離れられた時であり、信じきっている時には自分が洗脳されているかどうかなんて絶対にわからないのです。

ただ、今回の玲奈さんに関する洗脳騒動は、雑誌が記事を面白くするために、おおげさで衝撃的な言葉を使ったんじゃないかという気もします。

「洗脳」と「影響」のボーダーラインも明確ではありませんね。

親しくしている人同士なら、考え方や意見にお互い影響されることはあるでしょう。

まして相手はかなりの年上で、業界にも長くいる人物ですから、意見や助言が玲奈さんにとって影響力があるのは当然のこと。

事実関係がはっきりしない段階で、まわりが勝手におもしろおかしく「洗脳騒動」にしてしまっては、玲奈さんのキャリアとイメージに傷をつけるだけです。

スポンサー リンク

仕事がしたい!演技がしたい!

芸能界引退がささやかれる中、玲奈さんは「週刊文春」の取材に対し、
私は仕事をしてファンの皆さんに見てほしいです。私は仕事がしたいです
と言い、ブログには
演技がしたい!」とつづっています。

「あまちゃん」の大成功にもかかわらず、所属事務所から冷遇され、下着を買うお金にも困っていたと言われる玲奈さん。

それが事実なら、なんとか現実を打開して女優業に専念できる環境に戻ってほしいです。

「あまちゃん」で、母親(春子)役だった小泉今日子さん、おばあちゃん(夏ばっぱ)役だった宮本信子さんが、玲奈さんに救いの手を差し伸べる「可能性」についても報じられています。

もし本当に春子ママと夏ばっぱがアキの芸能界再出発を助けてくれたら、「あまちゃん2」を見ているみたいで興奮しちゃいますね。

0335

「あまちゃん」で初めて玲奈さんを見たとき、思わず
「ぅわ~~っ!」って叫んじゃったほど輝いていた玲奈さん。

私だけじゃなく、うちの小学生の子供たちも大ファンです。

私たちも玲奈さんの演技が見たい。

春子ママ、夏ばっぱ、アキを助けて!

スポンサー リンク

能年玲奈もはまった?孤独で不安な心につけこむ洗脳とは

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする