【アロマでリラックス】副交感神経を優位にし、認知症予防効果も!

アロマの香りには、副交感神経を刺激して心身をリラックスさせる効果があることがわかっています。

さらに最近の研究では、香りによって嗅覚の神経を刺激することで、認知症を予防する効果もあるのだとか…!

0238

記憶をつかさどる海馬に良い刺激を与えられるアロマ

スポンサー リンク

臭いを識別する嗅覚神経がダメージを受けると、食事の味を判別できなくなって、食事から受ける刺激を得られなくなるなどの影響をはじめとする、脳へのあらゆる刺激が減っていってしまいます。

これがすすむと、嗅覚神経とつながっている海馬も活性化されなくなり、ダメージを受けるようになります。海馬は記憶をつかさどる脳の器官であり、ここがダメージを受けることで認知症がすすむと考えられているのです。

幸いなことに、嗅覚の神経は再生能力が高いことがわかっています。

そのため、香りによる刺激を受けることで嗅覚神経が再生され、それとつながる海馬も活性化させられることが期待できるというのです。

実際に、アロマオイルで脳を活性化できている事例↓

動画の中で、記憶をつかさどる海馬を刺激する上で良いと紹介されているアロマオイルは以下の通り。

昼用…ローズマリー2:レモン1
夜用…ラベンダー2:オレンジ1

この配合で製品化されているアロマオイルもあるようです。

アロマショップの店頭でも見かけるようになりました。

私は夜用のラベンダー+オレンジの香りがとても気に入っていて、昼もこちらを使うことが多いです。

動画で紹介されているアロマの香り以外でも、花粉症が気になる人は花粉症に良いとされるユーカリやティートゥリーを使っても良いし、好きな食べ物で香りが強いもの(カレーや麻婆豆腐、チゲなどお好みのもの)によって得られる臭い刺激でも効果があると言われています。

今現在認知症とは無縁の人でも、香りの刺激による脳機能の若返りが期待できるということなので、自分に合った香りをみつけて楽しみながら、脳へ刺激を与えて副交感神経に働きかけ、認知症予防もしていきましょう。

スポンサー リンク

アロマテラピーとは?なぜ香りが心や体に効果・効能をもたらすの?
うつ病改善におすすめのアロマオイルがあった!?その効能は…
ストレス・消化不良・肌荒れ対策に、6つの癒し系ハーブがおすすめ!
【仕事中の眠気覚ましにも】グレープフルーツのアロマで居眠り解消

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする