親の意外な言葉が子供の心を傷つける?早めのフォローが肝心

子供は親(特に母親)のことばには想像以上に敏感です。

何の悪気も無しに何気なく言っている言葉が、子供の心を傷つけているとしたら…。

0175

突然泣き始めた子供…何が原因?

昨夜のことですが、9歳の次女が夜寝る時になって、何の脈絡もなく突然泣き出しました。

「どうしたの?」と聞くと、
「ママ、私がいると面倒くさいし邪魔だよね。私、いらない子でしょう?」と言うのです…!

普段からとても明るく、ちょっとわがままで天真爛漫に見える次女が、一体どうしたというのでしょう。

「なぜ急にそんなことを思ったの?」と聞いても
「わからない…」と言って泣くばかり。

その後も「私はママには邪魔なんだ…」
などと言っては泣き続けました。

しばらく考えていた私は、ハタと気が付きました。
「きっと、夕方の私のアノ発言が原因に違いない…!」

スポンサー リンク



何の悪気も悪意もなく言ってしまった言葉が子供を傷つけた

次女はとても怖がりです。
オバケや幽霊が怖くて、いつもなかなか眠れないのです。

普段自分の部屋でひとりで寝かせていますが、寝付くまでが大変。

「ママ、怖いからしばらく一緒に寝て」
「今日はママの部屋で寝かせて」
などと毎晩言ってくるので一応つきあいますが、内心ちょっと面倒に感じていました。

昨日の夕食後のこと。

主人の部屋に、主人と二人でしばらく籠っていた次女がリビングに走って来て、
「ママ、怖い。今夜ひとりで寝れない」と言います。

どうしたのか聞くと、
「パパの部屋で怖いテレビを見たの。
恐くてキッチンにもトイレにもひとりで行けなくなった」
と言うのです。

呆れた私は子供の目の前で、主人に向かって
「どうしてこの子に怖いテレビなんか見せるのよ~!
ただでも夜寝てくれなくて大変なのに。
あ~もう面倒くさいなぁ!
と言ってしまったのです。

次女が泣きだした理由はきっとこれだと思いました。

私にとっては何の悪気もなく言った言葉でしたが、普段から実際「面倒」と思いながらも隠していた本音がポロリと出てしまったわけです。

子供にとっては、「手のかかる面倒な子、いらない子」
と言われたのと同じくらいショックだったのでしょう…。

親だって人間。失言は100%防げないけど、フォローはシッカリと

泣き続ける次女に私は、私にとって二人の子供に囲まれた今の幸せな生活は、昔からの夢がかなった理想の生活であること、私が子供にたくさんの幸せをもらって生きていること、4人家族の全員が、4人全員にとっての宝物であることなどを話しました。

次女は泣きやみ、さっきまで泣いていたことがウソみたいに、楽しそうにおしゃべりをしながら眠りにつきました。

今回の件は、失言の直後に傷ついた気持ちを表現してくれたので、すぐにフォローすることができましたが、自分の発言や行動の何が子供を傷つけるのか、大人目線ではわからないことがあると実感しました。

スポンサー リンク



大人にとっては何気ない言葉が、知らず知らずに子供の心を傷つけてしまうことがあります。

それはどんなに気を付けていても起きてしまうことで、100%防ぐことは誰にもできないと思います。

今回の件のように気付くことができたら、すぐにフォローし、言葉の意味を訂正して、悲しい気持ちに整理をつけられるようできるだけ手伝ってあげてください。

傷ついた気持ちは、長引くほどこじれてしまうことがあります。

でも何より、普段から大切に思う気持ちを伝えてあげることが大切なのかもしれません。

【不登校予防】流動性知能を高め脳を鍛える幼児期の習い事とは
戦場に行くと、兵士だけでなくその子供までも精神的不安定に…
子供が大学生になって無気力にならないための父親の育児方法
地方での子育てに意外な問題…田舎の方が不登校の子どもが多い!?

スポンサー リンク
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村


ストレス ブログランキングへ

1件のトラックバック

  • よく言ってない?知らずに「子供を傷つけている」親の言動3つ | 今日のおかずはコレ!
    2016-08-08 4:25 AM

    […] 出典親の意外な言葉が子供の心を傷つける?早めのフォローが肝心 | 心がつらくなったら読む薬 […]

コメントを残す