【ルックスの好みは十人十色】人の評価を気にして身体醜形障害に!

対人恐怖症や醜形恐怖症で悩む人は、「他人から見て自分がどう映っているか」が気になって仕方がないと思います。

たとえ1時間前に誰かが「キレイ」と言ってくれたとしても、今目の前をすれ違って行った人は「醜い」と思ったかもしれない…。

常にそんな不安にとらわれてしまいますね。

スポンサー リンク



いつも長い髪で隠していた自分の横顔

私はものごころついた頃にはすでに自分の顔が嫌で仕方なかったのですが、中学の頃からは横顔が特に嫌いになっていました。

0032

きっかけは、中学のある日の部活。

ひとつ年下の後輩が私の横顔を見ながら

「ハナコさんの横顔ってフライパンに鼻をつけたみたい!」
と言って笑い出したことでした。

平坦な顔に鼻だけビョンと出ているところが、フライパンみたいだと言うのです。その日、その後輩の女の子はずっと私のことを皆の前で「フライパ~~ン!」と呼んでからかっていました。

家に帰って三面鏡で自分の横顔を見ると、確かに額からあごまで抑揚があまりなく、鼻だけポコッとついた変な顔が映っていて、「わぁ、ひどいブス…。キモチワル~~」と、自分でも思ってしまいました。

それからの私は髪を長く伸ばし、人前ではうつむき加減になり、髪で横顔を隠すようになりました。ずっとずっと、私は横から人に顔を見られるのが大嫌いでした。

スポンサー リンク



悪いと言う人もいれば良いと言う人もいる

それから10年以上が経ち、親友のトモちゃんとお出かけした時のこと。
(「トモちゃん」についてはこちら↓
対人恐怖症で友達が一人もいなかった私にもできた、大切な親友

トモちゃんが突然、トイレで化粧直しをしている私の横顔を見ながら
「ハナコちゃんてキレイな横顔してるね」
と言ったのです。

私は耳を疑いました。

こんなキタナイものを見て「キレイ」と言うなんて。
ずっと一番のコンプレックスだった横顔をほめるなんて。

「トモちゃんて、やっぱズレてる…」と思いました(笑)。

でも、中学以来初めて
「自分の横顔はそんなに変じゃないのかもしれない」
と、少しだけ思うことができました。

「私の横顔、人に見せても大丈夫なのかな?
気持ち悪いって思われないのかな…」と…。

40年以上生きてきた人生で、横顔のことについて何か言われたのはこの二回だけです。

醜形恐怖は、たった一人の人から言われた何気ない一言から始まるケースがとても多いようですが、人生で1回きりの何気ない一言に何十年も振り回されるなんて、本当にもったいないです。

※醜形恐怖症や対人恐怖症を発症する直接原因は、もっと別のところにあると考えられており、今回の私のケースのような「だれかからの何気ない一言」は、キッカケにすぎないとも言われています。

美の判断基準は人によってそれぞれ、十人十色。

もしあなたがこれから整形手術をして満足のいく顔を手に入れたとしても、必ず「キレイになった」と言う人もいれば「前の方が良かった」と思う人もいるはずです。

芸能人でもよくあるケースですね。

「美」という絶対的基準の存在しないところに完璧を求めようとするのは、出口のない迷路をさまよっているようなもの。

美醜を超えた自信を持てるようになれば、少々のルックスのコンプレックスも「単なる特徴」として見えるようになるのです。

【相談のしかたに要注意】心療内科のカウンセリングを断られた!
対人恐怖症・神経症の治療方法【カウンセリング】ってどうなの?
自閉症や対人恐怖症改善に人の気持ちを知るRPGゲームが効果?
中学生・高校生で対人恐怖症傾向が出るのは自然の成長過程かも

スポンサー リンク
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村


ストレス ブログランキングへ

コメントを残す