浮気しやすい女性の浮気脳・不倫脳は遺伝する!【ホンマでっか!?TV】

最近、芸能人の不倫ネタでワイドショーが盛り上がることが多いですね~。

でも、浮気する人、不倫する人って芸能人に限らず、一般人にも一定数います。

そして、「一度浮気したことがある人はその後も繰り返す」とも言われています。

それは一体、どうしてなのでしょうか…!?

スポンサー リンク



当記事は、2017年10月11日放送フジテレビ「ホンマでっか!?TV」を参考にしています。

不倫する人は不倫遺伝子を持っている!

中野信子先生

『不倫遺伝子』は存在します!

 
オーストラリアの大学で行われた研究によると、不倫をした人・特に女性に関して、遺伝子を調べてみると、アルギニンバソプレシンのR1Aという型の遺伝子に変異が見られる、ということがわかっています。

この変異型アルギニンバソプレシンR1A(=不倫遺伝子)を持っている人は、身近にいる人(現在のパートナーなど)に対して、親切な行動を取りにくいらしいのです。

つまり、「相手の気持ちを考えず、好きなことをする女性は、不倫に走りやすい」とのこと…。

相手の気持ちを慮ることなく、自分の感情にまかせて突っ走ってしまうのが、この不倫遺伝子を持つ人の行動の特徴。

そしてなぜか「特に女性」において、それが『不倫』という形で表に出やすいのです。

男性においては、変異型アルギニンバソプレシンR1Aを持っているかいないかで、不倫をする確率が変わるということはありませんでした。

 
「つきあい始めた頃はあんなにやさしかったのに、なぜ今は浮気を繰り返すようになってしまったのだろう…?」
というケースはよくあると思いますが、これは「付き合い始めの頃は我慢していた」だけで、徐々に本性が出て、浮気を繰り返すようになった、というだけのこと。

持って生まれた遺伝子による浮気グセ・不倫グセであり、生まれつきの本性なので、アレコレ言って聞かせて治るものではありません。

「浮気につける薬はない」というのは本当だった、ということです…。

中野信子先生

この中にも、10人に一人はそういう人がいるかもしれませんね。

 
…ということですが、実際には、人類にはおよそ50%の確率で浮気脳体質の人がいるみたいですよ。

不倫脳ってどんな脳?不倫しやすい人の7つの特徴チェックリスト

 
浮気脳・不倫脳の遺伝子を持つ人がすべて浮気をしている、というワケではないので、実際の浮気率は50%よりもっと低いと考えられます。

 

でも、そんな「浮気グセのある人」だからこそひかれてしまう…、というのが、理性では理解できない人間の本能でもあるということを、中野信子先生ご自身が他のメディアで語っておられました。

⇒ 脳科学者中野信子が語る!女はなぜか悪い男に魅かれてしまう?

 
脳の構造が解明されても、浮気グセが治せるわけではないというのが、科学のジレンマもあります…。

だけどもし浮気グセのある人がいなくなると、人類の繁殖力も弱まり、やがては滅亡してしまうかもしれません。

そう考えると、浮気も悪い事ばかりではないのかもしれませんね。

自分が浮気される身になったら、そんなのんきなことも言ってられませんけど…。


 
以上でした。

最期までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサー リンク
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村


ストレス ブログランキングへ
2017-10-11 浮気しやすい女性の浮気脳・不倫脳は遺伝する!【ホンマでっか!?TV】 はコメントを受け付けていません。 豆知識