【5月病・月曜病におすすめ】アロマテラピーで憂うつ気分を解消

ゴールデンウィーク明けや休み明けの月曜日に、会社や学校に行くのがおっくうでやる気がでない…。

うつ病や適応障害にも発展しかねない5月病や月曜病は、
早めに対処してしまいましょう。

憂うつな気分解消に効果的なアロマオイルをご紹介。

0061

【ジャスミン】心を解き放し、幸福な気分に

ジャスミンは、「最高の媚薬」とも言われ、抗うつ作用・鎮痛作用があり、憂うつな気分を解き放し、精神を解放してくれるアロマオイルです。

0305

仕事や人間関係などで疲れた心におすすめ。

恐怖心や不安な気持ちを和らげ、悩みを鎮めて愛情を高める効果があります。

月経痛やPMS、泌尿器系の不調にも良い効果を発揮します。

ストレスを緩和し、抗うつ効果のあるイランイランや、癒しと自信を回復する効果が期待できるローズなどとブレンドすることで、相乗効果が得られます。

スポンサー リンク

【ローズマリー】やる気を引き起こし、元気な気分に

ハーブとしてもよく使われるローズマリーには、ローズマリーシネオール、ローズマリーカンファー、ローズマリーベルベノンの3種類があります。

シネオールはモロッコやフランス、ボルネオンはスペイン、ベルベノンはコルシカ島で栽培されています。

0306

緊張を和らげつつ精神を高揚させる働きがあり、憂うつな気分を回復して、自信を高めてくれます。

血行を促進する効果があるので、冷え性の解消にも効果的。
集中力アップにも。

スポンサー リンク

【ベルガモット】

0307

不安や心配を和らげ、うつ症状を改善します。

リラックス効果があり、体内のエネルギーの循環を促進します。

滞って抑圧された心を解き放ち、イライラや欲求不満を解放して楽観的な気分にしてくれます。

自信を持たせ、心に活力を与える作用があり、憂うつな気分を解消します。

体内の循環を整える作用があり、消化器系の不調を整えます。
鎮静作用もあり、体や心の痛みを和らげます。


バスタイムなどに、湯船に数滴たらして使うと、入浴との相乗効果で、より高いリラックス効果が期待できます。

5月病や月曜病からうつ病を発症することもあるため、日頃から心を落ち着け、イライラを解消させるよう心がけることが大切です。

【ストレス解消・緊張緩和にも】ラベンダーアロマの効能・効果
ストレス・消化不良・肌荒れ対策に、6つの癒し系ハーブがおすすめ!
【女性の簡単ストレス解消方法】ファーストネームで呼んでもらう
【簡単】仕事疲れの気分転換に良い!5つのストレス発散法

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする