コーヒーに認知症予防効果あり!ただし1日2杯まで。

コーヒー好きに新たな朗報です!

次々に健康効果が発見されている感のあるコーヒーですが、最近の調査では、認知症予防の効果もあることがわかったそうです。

スポンサー リンク

コーヒーに軽度認知障害を予防する効果

イタリアで、65歳から84歳の1,445人を対象に行われた調査によると、コーヒーを毎日飲んでいる人は、「軽度認知障害(MCI)」の罹患率が低かったと言う調査結果が得られたそうです。

0409

コーヒーが認知症を予防する理由

研究者によると、コーヒーが認知症を予防する原因は、カフェインが脳内に蓄積され、アルツハイマー病の原因物質「アミロイドβタンパク質」から脳細胞を保護する働きをするためではないかと考えられています。

スポンサー リンク

飲み過ぎると逆効果!?

記憶力をアップしたり、うつ病を予防したり、紫外線によるしみ・くすみを予防したりと、様々な効果があると言われるコーヒーですが、認知症予防効果を期待するなら、飲む量は1日2杯くらいまでにとどめた方が良さそう。

詳しい理由はわかっていませんが、飲み過ぎると軽度認知障害に関わる「MCI」の数値が上がってしまい、逆効果になってしまうとか。

コーヒーには利尿作用やカフェインによる興奮作用もあり、いずれにしても飲み過ぎは良くありませんね。

老後の健康寿命を延ばして元気に過ごすには、何ごとも「適量」が肝心なのかもしれません。

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする