便秘を改善し、大腸がんを予防するヨーグルトの効果的な食べ方

便秘の予防・改善と、大腸がん予防のために、毎日食べたいヨーグルト。

でも、ただ食べれば予防できるかと言うとそうではなく、食べ方によって効果の違いがあるらしいのです。

ヨーグルトの効果を最大限にする食べ方とは…?

0112

 
ヨーグルトだけ食べてもあまり意味がないよ!

ヨーグルトは、乳酸菌が腸まで届くことで腸内環境を改善し、善玉菌を増やす効果があると言われていますが、実はヨーグルト単体で食べてもあまり意味がありません。

ヨーグルトは、乳酸菌のエサとなる食物繊維と一緒に食べることで、元気に腸内で活躍してくれるのです。

そのためヨーグルトは、フルーツヨーグルトにするなどして、食物繊維と一緒に食べるのが効果的です。

スポンサー リンク

 
ヨーグルトは複数種類を食べよう!

ヨーグルトには、メーカーによってそれぞれ違う種類の乳酸菌が入っています。

いつも同じ種類のヨーグルトを食べ続けていると、腸内の善玉菌がサボってしまって活性化しにくくなると言われています。

朝晩食べる場合は朝と夜で種類を変える、毎日決まった時間に食べる場合は日によって種類を変えるなどして、複数種類のヨーグルトを食べるのがおすすめです。

 
はちみつと一緒に食べると効果UP!

ヨーグルトにはちみつを入れると、乳酸菌の効果がアップします。

はちみつに含まれるオリゴ糖が、腸内に住むビフィズス菌などのエサとなり、善玉菌を活性化させてくれるのです。

はちみつを一緒に食べることで、ヨーグルトとの相乗効果が期待できるのですね。

 
お腹がすいている時に食べるとダメって聞いたけど?

お腹が空いている時にヨーグルトを食べると、乳酸菌は消化液の中を生き抜くことができず、死滅してしまうと言われています。

ですが最近の研究では、死んだ乳酸菌やビフィズス菌は、腸まで届くと他の善玉菌のエサとなるので、結果的に腸内を活性化させる効果がある事がわかっています。

ですから、お腹が空いているかどうかはあまり気にせず食べても大丈夫です。

スポンサー リンク

 
いつ、どのくらい食べるのが効果的?

朝と夜、それぞれ100gくらいずつ食べると良いと言われています。

朝か夜どちらかだけにするなら、腸の動きが活発になる夜の方が、腸内環境を整えるのには効果的です。

さらにホットヨーグルトにするとその効果が倍増するので、試してみてください。

ヨーグルトを効果的に食べて、腸内環境改善に役立てましょう!

便秘がすぐに改善する!小林弘幸先生の【金スマ便秘解消術5つ】

【夏太り解消法】予防と対策にオススメの食材とメニュー

顔のしわ・タルミの原因、紫外線から肌を守る赤パプリカで美白美肌

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    フルーツヨーグルト、いいですよね。
    40代を過ぎると便通には本当に気を使います。