ゴマの栄養成分・セサミンに、美肌・美容効果と老化予防効果!

健康に高い効果のあると言われるゴマですが、美肌・美容効果も高いことがわかっています。

日本のスーパーフード・ゴマに含まれる栄養を知り、美容・健康生活に活用しましょう!

0102

ゴマの栄養成分セサミンは、健康効果だけじゃなく美肌効果も高い!

ごまには、セサミンをはじめとするゴマリグナンが含まれ、優れた抗酸化作用を発揮します。

高い抗酸化力により、老化予防や美肌効果、コレステロール値の安定や動脈硬化予防、高血圧予防、がん予防、肝機能改善、滋養強壮効果など、さまざまな効能があるとされています。

さらに、ゴマには食物繊維も豊富で、便秘改善効果も。

その他、カルシウム、鉄分、抗酸化物質γ-トコフェノール(ビタミンE)などが含まれる健康食品なのです。

スポンサー リンク

食卓をゴマで彩りましょう

0103

ゴマはそのままでは吸収が悪いので、すったり潰したりしてから食品にかけていただくのがおすすめ。

毎回ゴマをするのが面倒な場合は、「すりごま」として売られているものを使っても良いですし、指で軽くひねるように潰しても、ゴマすり器を使わず簡単にすりごまを作ることができます。

スポンサー リンク

油はごま油を

ごま油は抗酸化作用が高いので、劣化しにくく、亜麻仁油やえごま油のように消費期限を気にする必要があまりないので、使いやすいです。

風味が良いので、中華料理や和食にもよく合います。

ドレッシングはゴマドレ、しゃぶしゃぶはゴマだれで!

ゴマのドレッシングは日本人の好みにとても良く合い、おいしい上に、ドレッシングからも気軽にゴマの栄養が摂れるので、おすすめの調味料です。

しゃぶしゃぶをいただく時も、ゴマだれの方が栄養価が高いので、選べるときはゴマだれにしましょう。

 
気になるゴマのカロリーは…?

ゴマは、ナッツ類と同様、カロリーが少し高めの食材です。

ゴマ100g当たり、600kcalと言われています。

でも、ゴマ100gと言ったら、大きめのゴマ一袋分に相当します。

普段の食事にかける大さじ1杯程度のゴマや、ドレッシングに入っているゴマのカロリーは決して多くなく、気にする必要はありません。

ゴマのわずかなカロリーを気にするより、ゴマ特有の健康効果・美容効果を楽しみましょう。

【夏太り解消法】予防と対策にオススメの食材とメニュー

顔のしわ・タルミの原因、紫外線から肌を守る赤パプリカで美白美肌

健康・美肌のための野菜サラダは、生野菜にこだわる必要なし!

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする