顔のしわ・タルミの原因、紫外線から肌を守る赤パプリカで美白美肌

夏の強い紫外線は、顔のしわ・シミ・たるみの原因にもなると言われています。

そんな紫外線から肌を守る食材が、「赤パプリカ」です。

0514

(参考:「林修の今でしょ!講座」2015年6月23日放送)
(過去記事「朝の紫外線対策はクリームだけじゃない!食べ物で抗酸化美白を」も、ご参考にどうぞ。)

スポンサー リンク

管理栄養士・岸村康代先生によると、赤パプリカは、ピーマンやししとうと同じ、辛味が少ない唐辛子の仲間です。

岸村康代先生
パプリカの中でも、紫外線対策には赤がダントツにオススメです。

ピーマンの大型種である赤パプリカの注目成分は、「カプサンチン」です。

辛味成分の「カプサイシン」と名前が似ていますね。

カプサンチンとは、赤パプリカの赤い色素成分です。

岸村康代先生
このカプサンチンが、抗酸化力の高い成分として注目されているのです。

カプサンチンには、抗酸化で知られるビタミンEよりもさらに強い抗酸化作用があるという研究報告も。

抗酸化とは

体内に取り込まれた酸素の一部が活性酸素に変化して、病気や老化の原因を引き起こしますが、「抗酸化成分」には、この活性酸素から身を守る働きがあるとされています。

紫外線は、活性酸素を作る大きな要因のひとつ。

夏の紫外線には、抗酸化対策がとても大切なのです。

スポンサー リンク

岸村康代先生
紫外線は、老化の大きな原因であることがわかっています。

紫外線はコラーゲンを破壊し、肌のたるみやしわの原因を作ります。

また、メラニン色素を過剰に作り、シミの原因にもなるのです。

レモンより多い!赤パプリカのビタミンC

赤パプリカには、抗酸化物質の代表成分ビタミンCも豊富

夏野菜の中でもダントツで、レモンの3.4倍もあるのです!

黄パプリカ・緑パプリカより多いというデータも。

ビタミンCのシミ抑制効果

ビタミンCには、シミの原因となるメラニン色素が過剰に生成されるのを抑え、シミを予防する効果があります。

岸村康代先生
パプリカの栄養を逃さない食べ方は、夏野菜たっぷりカレーがおすすめです。
林修先生
加熱しても大丈夫なのですか?

パプリカのカプサンチンとビタミンCは、加熱しても壊れにくい上、油で調理すると吸収力もアップします。

夏野菜たっぷりカレーに入れるオススメ野菜とその栄養

トマト…… リコピン(抗酸化物質)
ナス……  ナスニン(抗酸化物質)
カレー粉… クルクミン(抗酸化物質)

これにパプリカのカプサンチンとビタミンCで、最強の抗酸化カレーに!

カレーは食欲があまりない時でも食べられるメニューなので、夏にはオススメですね。

脳梗塞などの血管疾患予防対策に食べたい夏野菜「ゴーヤ」
夏バテ対策・クーラー病予防にビタミン・タンパク質豊富な食べ物
食欲不振・夏風邪の原因は胃腸の不調?対策に食べたい野菜は…
【夏太り解消法】予防と対策にオススメの食材とメニュー

【風邪の治し方】暑くして汗をかいて熱を下げるのは間違いだった!
女医・日比野佐和子先生が警鐘!日焼け止めのし過ぎはガンになる

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント