脳梗塞などの血管疾患予防対策に食べたい夏野菜「ゴーヤ」

脳梗塞などの血管疾患は、寒い冬に多いイメージですよね。

でも実は、夏の方が多いのだそうです…!

夏には、血流を良くし、血管の状態を良くする食べ物を食べる必要がありそうですね。

0511

(参考:「林修の今でしょ!講座」2015年6月23日放送)

管理栄養士・岸村康代先生によると、脳梗塞などの恐ろしい血管疾患の対策にはゴーヤ、つまりにがうりがオススメなのだとか。

岸村康代先生
ゴーヤには、注目成分チャランチンとモモルデシンが含まれています。
林修先生
そういう芸人さんですか!?

0510

岸村康代先生
栄養学の世界では有名な成分ですよ。ゴーヤの苦味成分です。

チャランチンとモモルデシンには、血糖値を下げる働きがあります。

血糖値が高い状態、「高血糖」が続くと血管がもろくなり、血管が詰まりやすくなってしまうため、血糖値の上昇を抑えることが血管疾患対策になると考えられます。

スポンサー リンク

岸村康代先生
栄養を逃さない食べ方として、ゴーヤの素揚げがおすすめです。

チャランチンとモモルデシンは水に溶けやすい成分ですが、油で揚げることで栄養を逃がさないでいただくことができるのです。

かつおぶしをかけていただくと、ゴーヤの苦み成分を抑える効果があるので、美味しくいただけます。

生で食べても良いですが、油で揚げることで苦みがマイルドになるので、味的にもおすすめの調理方法なのです。

岸村康代先生
ワタも捨てずに食べるのがおすすめです!

ワタの部分は、実の部分よりビタミンCが1.7倍も多いので、捨てるのはもったいないです。

ゴーヤチャンプルなどでいただく場合はワタが苦くて食べにくいですが、素揚げでいただくことで苦みを緩和でき、食べやすくなります。

岸村康代先生
酢醤油でいただくと美味しくて健康的です!

お酢に含まれる酢酸には、血糖値の上昇を抑える働きがあります。

ゴーヤとの相乗効果で、より高い血管疾患対策ができるのですね。

スポンサー リンク

食欲不振・夏風邪の原因は胃腸の不調?対策に食べたい野菜は…

【夏太り解消法】予防と対策にオススメの食材とメニュー

顔のしわ・タルミの原因、紫外線から肌を守る赤パプリカで美白美肌

夏バテ対策・クーラー病予防にビタミン・タンパク質豊富な食べ物

実はトマトよりすごい!?スイカに含まれる美容効果の高いあの成分

座る時間が長いと肥満・心疾患・大腸がんのリスク…立食で健康に

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする