座る時間が長いと肥満・心疾患・大腸がんのリスク…立食で健康に

「立ったまま食べるのはお行儀が悪いよ、ちゃんと座りなさい」

子供の頃、よく言われました。

でも、健康のためには「立ち食い」は悪くないかも知れないって…!?

0497

フィンランドの保健・公共サービス省が、ちょっと驚くキャンペーンを始めました。

「たまには立ったまま食事をとりましょう」

スポンサー リンク

フィンランドにはあまり詳しくありませんが、「マナーに厳しい北欧のキリスト教国」のイメージ。(あくまでもイメージ。)

それが、立ったままの食事、立ち食いを推奨するなんて…!

 
立ち食い推奨キャンペーンの理由は?

立ち食いキャンペーンには、

1日に座って過ごす時間が7時間以上になると、1時間長くなるごとに死亡リスクが5%ずつ増加する

というデータが背景にあるようです。

「運動しているかどうか」にかかわらず、座っている時間と死亡リスクには直接的な因果関係があるのだとか。

スポンサー リンク

順天堂大学教授の小林弘幸先生も、

「メカニズムは解明されていないが、座っている時間が長い人ほど大腸がんのリスクが上がる。運動しているかどうかは関係ない」

とおっしゃっています。

小林弘幸先生
デスクワークの人は注意が必要です。

座った姿勢って、一見楽なのですが、体にとっては不自然な体勢。

不自然なことを続けていると、どこかにゆがみが出てしまうのかもしれませんね。

フィンランドのキャンペーンでは、「新聞を読んだりコーヒーを飲んだり、立ってできることはたくさんある」と、できるだけ座る時間を短くするよう呼びかけています。

私は、家にいる時はよくパソコンを使っていますが、小林先生のお話を聞いてからは、パソコンをブラウズしたり入力したりする時は座りっぱなしにせず、立ってPC作業する時間を作るようにしています。

愛用のパソコンはノートPCですが、立って作業する時は、テーブルの上にちょうど良い高さの台(洗濯カゴをひっくり返したものですが)を置いて、その上にPCを置いています。

洗濯物をたたむときも、意外と立ったままできますよ。

一枚一枚洗濯物を手に取る時、腰を曲げずにしゃがむようにして、スクワットのような動きを取り入れると軽い運動にもなります。

「立ち食い」と言うとお行儀悪く聞こえてしまいますが、体のためにここは「立食」と言い張り(笑)、可能な限り座る時間を短くして、健康を維持しましょう。

ライザップがヤバイのはリバウンドだけ?女性ホルモンの分泌量も…
サーチュイン遺伝子をオンにするために食事回数を減らすのは…
【風邪の治し方】暑くして汗をかいて熱を下げるのは間違いだった!
ダイエット・美肌・疲労回復にも!意外と高いもやしの栄養価

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする