カフェインで記憶力は低下する?受験勉強のお供に飲んで良いの?

カフェインには色々な健康効果があることがわかっていますが、記憶力との関係についても以前より取りざたされてきました。

「カフェインで記憶力が低下する」と考える派と、「カフェインで記憶力がアップする」と思う派と、それぞれの主張があったようなのですが、今回、新たな研究によって決着がついたと言えそうです。


0490

私は中学生の頃からすでにコーヒーが好きだったので、深く考えることなくコーヒーを飲んで受験勉強していました。

単純に、コーヒーを飲めば目がさえるのだから勉強の時に飲むのは良いに違いないと思っていましたが、カフェインで記憶力が低下するのではないかと心配する人もおられるとか…。脳に良くない印象があるのでしょうか?

スポンサー リンク

 
カフェインは記憶力を低下させるの?アップさせるの?どっち?

ヒューマンネイチャー・ニューロサイエンス誌に掲載された、アメリカのジョンズ・ホプキンス大学のマイケル・ヤッサ博士らによる研究結果によると、カフェインには記憶を強化する効果があることがわかったそうです。

実験は、被験者をふたつのグループに分け、何枚かの画像を見た上で、一方のグループにはカフェイン入りコーヒーを、もう一方にはプラセボ用の偽薬を飲ませ、24時間後に画像に関する記憶のテストをするというもの。

実験の結果、カフェイン入りコーヒーを飲んで記憶力テストに挑んだグループの方が、より正確に画像の詳細を記憶していた、ということがわかりました。

実験の主導者であるヤッサ博士は、カフェインには「長期記憶を強化する」効果があると結論づけています。

さらに、カフェイン摂取グループの方がより細かい違いを記憶できていたことから、カフェインの摂取はは海馬に影響を及ぼすものであるという可能性を指摘しています。

カフェインが研究対象なので、緑茶や紅茶でも効果が期待でそうですね。

スポンサー リンク

 
つまりコーヒーは受験勉強に良いんだね!
量はどのくらい飲んだら良いの?

研究では、およそ200㎎のカフェイン摂取で記憶力のアップに明らかな違いが見られたということですから、濃いめ・または多めのコーヒー1杯で記憶力に変化をつけることができると考えられています。

しかしながら、いくら受験勉強のためとはいえ、飲み過ぎるとカフェイン中毒を起こしたり、精神的に良くない結果をもたらすこともあります。

過去記事では、1日に飲んで害のないカフェイン量に関する研究結果についても書いていますが、10代の皆さんはまだ成長過程ですので、1日2~3杯くらいまでにとどめた方が良さそうです。

 
コーヒー飲んで寝たら試験範囲が全部頭に入ってるなんてすごい!

飲みながら勉強する必要があります!

コーヒーを飲むとうつ病になる?うつ病を予防する?どっち?

【これは意外!】コーヒーで飲んでも良い一日のカフェイン量は…!

子供が大学生になって無気力にならないための父親の育児方法

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする