【折れない心】将来仕事の困難を乗り越える子供に育てるには

子供が「将来はお父さん(お母さん)と同じ職業につきたい」と言ったとき、あなたは「仕事の楽しさ」を教えますか?それとも「厳しさ」を教えますか?

どちらの傾向にあるかによって、子供の将来の職業に対する姿勢や、困難を乗り越えて生きていけるかどうかに影響が出てくるかもしれません…!

スポンサー リンク

「ホンマでっか!?TV」親子心理評論家の山崎雅保先生によると…

山崎雅保先生
子供には仕事の楽しさを教えてください。

これは、実際に自分と同じ職業に就くかどうかの問題ではありません。

世の中を渡っていく・働いていく・仕事をするということに対し、仕事の楽しさを教えながら育てていくと、将来物事に怖気づかない子供に育つのです。

スポンサー リンク

ゲスト:和泉元彌さん
仕事の厳しさを知らずに飛び込んで、打たれてダメになってしまうということはないのですか!?
山崎雅保先生
楽しいと信じ、楽しさを求めて選んだ道は、一度失敗しても立ち上がれるのです。

ある著名な登山家の本にこのようなことが書いてあります。

山好きになりたかったら、山を下れ(先に登るな)」

まず先に、楽な下山で景色や空気を楽しみながら山を体験すれば、山の魅力に取りつかれ、楽しさを覚えて、登るのも苦痛と感じなくなるのだそうです。

最初から厳しさばかりを教えていると、山を眺めるだけでウンザリしてしまうということ。

山崎雅保先生
楽しさがベースにあると、困難も乗り越えられる子に育ちます。

これは驚きですね!

私はついつい、子供が小さい時「舞台女優になりたい」とか「声優になりたい」とか言うたび、「その職業はね…」と、大変さばかり教えてしまっていました。

今からでも仕事の楽しさを教えて行かねばなりませんね。

…。

…アレっ!?

私が今までついた職業で、楽しさを伝えられる仕事ってあったっけ…?

う~ん、ひねっても絞っても出てこない~~!

…と、思っていたら、すごいタイミングで子供(小学生の女の子)に聞かれました。

「ママ、子供がいると手がかかるし言うことも聞かなくて大変でしょ」

私は「コレだ!」と思い、言いました。

「大変なこともあるけど、子供がいることの喜びの方がずっとず~っと大きいんだよ。大変な部分が大きければ大きいほど、頑張った分だけ子供がいい子に育っているって思えるから、ママは子育てがとっても楽しいんだよ」

普段だったらこんなセリフ言えてないかも。

山崎先生、ありがとうございました。

(参考:フジテレビ「ホンマでっか!?TV」2015年6月17日放送)

同日放送の「ホンマでっか!?TV」パパの育児に関する内容はこちら↓
ママとは違う、パパならではの育児参加のしかたがある!
子供が大学生になって無気力にならないための父親の育児方法
子供が将来金銭感覚を身につけるためのお小遣いは多めが良い?

戦場に行くと、兵士だけでなくその子供までも精神的不安定に…

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする