子供が大学生になって無気力にならないための父親の育児方法

子供に家庭や生活のルールを教える役割は、お母さんがやるよりお父さんが担当した方が良いそうです。

「それ、ウチの家庭ではママの仕事だけど!?」という人も多いでしょう。

一体どういうことなのでしょうか?

「ホンマでっか!?TV」心理学の植木理恵先生によると…

植木理恵先生

心理学では、お父さんが秩序感覚を与えるという役割を担った方が子供には良いです。

スポンサー リンク



心理学的に、父親は子供にルールを与え、教えるのが子供にとっては良い教育になります。

コミュニケーションや自由な発想を教えるのはお母さんの役割、ルールはお父さん、というのが理想的。

植木理恵先生

父親に日常生活のルールを教られなかった子供は、大学生くらいになって無気力症になってしまう可能性があります。

もちろん、全ての家庭・全ての子供に当てはまるというわけではありませんが、父親が秩序感覚を教えなかった家庭の子供は反抗期がない傾向にあります。

お父さんが厳しくないので反抗する相手がいない。
反抗期までに反抗するエネルギーが培われてこなかった。

したがって反抗期も必要なくなってしまったのだと考えられます。

反抗期がないまま大人になると、「どっちでもいい」「どういう仕事でもいい」「なんなら仕事につかなくてもいい」という考え方になってしまう傾向も。

スポンサー リンク



植木理恵先生

反抗期があると、将来のやる気にもつながります。

その反抗期のエネルギーは良い方向に向かい、仕事などで生かされる可能性が高くなります。

ゲスト:長嶋一茂さん

反抗期で挨拶もしなくなった子供は、どうしつけたら良いのですか?

植木理恵先生

まともにケンカをしたら良いと思いますよ。

「お父さん」という存在は一貫性が大事です。

どんな時でも、たとえ反抗期でぶつかっても、一貫して秩序感覚を教え、伝え続け、メッセージを送り続けることが大切なのです。

反抗期に何を言っても無駄だと思うかも知れませんが、それは長い目で見て決して無駄にはならないのです。

さらに、脳科学者の澤口俊之先生によると…

澤口俊之先生

父親は子供と口げんかをした方が良いです。

植木先生の言うとおり、子供が小さいうちに父親がしっかりルールを教えておき、子供が思春期になった頃に、今まで教え込まれたルールを壊そうとする過程があるというのが脳にとても良いのです。

「ティーンブレイン」と言って、10代の脳は、あえて秩序を壊す過程があった方が将来良い結果を導きます。

従順な10代、おとなしい思春期はかえって良くないですよ。


(参考:フジテレビ「ホンマでっか!?TV」2015年6月17日放送)

同日放送の「ホンマでっか!?TV」パパの育児に関する内容はこちら↓
ママとは違う、パパならではの育児参加のしかたがある!
【折れない心】将来仕事の困難を乗り越える子供に育てるには
子供が将来金銭感覚を身につけるためのお小遣いは多めでOK!

育児中の睡眠不足によるストレス、原因は添い寝だった?

スポンサー リンク
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村


ストレス ブログランキングへ

コメントを残す