双極性障害・統合失調症の遺伝子は芸術性・創造性の延長上に…

双極性障害や統合失調症を発症する人の脳と、芸術性の高い人の脳に近いものがある可能性については、以前から言われてきていたようです。

今回、大規模なサンプリング調査により、遺伝子レベルでの類似性が明らかにされました。

0486

英国キングズ・カレッジ・ロンドンの研究グループによる、アイスランドでの8万6千人を対象にした遺伝子調査から、クリエイティブな脳を持つ人の遺伝子には、統合失調症・双極性障害のリスクも高いことがわかりました。

ネイチャー・ニューロサイエンス誌にて発表(2015年6月8日)。

スポンサー リンク

以前より、精神病理学的な障害、特に双極性障害においては、患者本人の親族にクリエイティブな職業についている人が多い傾向にあることがわかっていたそうです。

それが環境や社会的・経済的環境などの後天的な要因の類似性によるものなのか、遺伝的な要素があるのかについては不明でした。

今回、俳優・ダンサー・音楽家・視覚芸術家・作家など、クリエイティブな職業を持つ人々を含むアイスランド人8万6千人を対象にしたサンプリング調査によってわかったことは、クリエイティブ脳の人は、統合失調症・双極性障害の遺伝的リスクスコアが高く、実際に発症している人と健康な人の遺伝子の中間に位置することがわかりました。

遺伝的リスクスコアが高いとは、発症するリスクが通常より高いということになります。

スポンサー リンク

個性的な演技で多彩な役をこなした萩原流行さんも双極性障害だった

イメージが第一とされる芸能界などの有名人でも、うつ病などの罹患経験を告白する人は増えてきていますが、双極性障害である(あった)と告白する人はまだ多くありません。

一般的な知名度の問題もあるかもしれませんね。

精神的な病気に興味のない人でも、「うつ病」と聞けばなんとなくこんなものかな、というイメージがあるけれど、双極性障害は、病名さえ知らない人もまだ多いのかもしれません。罹患者の数も全然違います。

そんな中、個性派俳優だった萩原流行さんは双極性障害であることを認めておられました。

世界的・歴史的な画家フィンセント・ファン・ゴッホも精神的な問題を抱えていました(ゴッホの発作などの原因については、てんかん、統合失調症など様々な仮説があります)。

彼らには、私のような「普通」の人間には見ることのできない独特のものの見方・とらえ方があるのかもしれません。

そして、平凡な脳ではないということは、何らかのリスクと背中合わせなのかもしれません。

双極性障害や統合失調症が、遺伝子・脳の問題であることが解明されつつある中、早期発見・短期治療の方法も研究が進む可能性に期待がかかります。

うつ病と双極性障害、症状は似ていても脳に明らかな違いが!

夫婦Wうつで苦しんだ萩原流行さん、本当の病名は双極性障害

【双極性障害】脳、遺伝、親との関係、環境、ストレス…原因は何?

勝谷誠彦うつ病告白で波紋

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする