【ストレスによる睡眠障害対策に】仕事の順番を変えてみる

全く同じストレスのかかることをやるなら、一日のうちでも、夜遅くより朝早い時間に対処してしまった方がマシなようです。

早稲田大学の田原優助教らの研究グループが、マウスを使った実験で明らかにしました。

0163

実験内容は、「ストレス」と「体内時計の狂い」に関連性があるかどうかを調べたもの。

マウスに時間帯を変えてストレスを与えることで起こる、体への影響・体内時計の狂い・睡眠への影響に関して実験・調査されました。

実験の結果は、目が覚めて間もないマウスにストレスを与えても体内時計に乱れがなかったのに対し、寝る少し前の時間帯にストレスを与えられたマウスは、昼夜が逆転してしまうほど体内時計に狂いが生じた、というものでした。

スポンサー リンク

嫌なことは午前中に片付ける

この実験結果から、1日のトータル作業量が同じだとするならば、イヤな事、難しいことほど早い時間帯に済ませてしまった方が、睡眠への影響が少ないということが導き出されます。

会議が嫌いなら、会議は午前中に済ませる、計算作業が苦手なら朝一番に手掛けるなど、嫌な事を先に先に片付けてしまうことで、睡眠時間までにストレスが消化吸収され、交感神経・副交感神経のバランスも徐々に整い、落ち着いて眠れるようになる、と考えられます。

先に片づけた方が楽なのは、夏休みの宿題(=ストレスフルな作業)だけじゃなく、仕事や生活の全般に言えることだったのですね。

 
寝る前の時間帯はあまり深く考えず、ゆったり過ごした方が良いってことだね

体内時計が狂って睡眠に悪影響が出ると、肥満、糖尿病、がんなどのリスクが上がります。

受験勉強なども朝のうちに済ませた方が効率が良いとよく言われますが、精神的にも生活リズムのためにも良いということが言えそうですね。

スポンサー リンク

ストレスに強くなる【熟練】でイヤな仕事も慣れてしまえば恐くない?

寝過ぎは頭痛や肥満だけじゃなく、うつ病の原因になるって本当!?

プチうつ症状を回復させるおすすめ美容ドリンク【予防・対策にも】

うつ病の予防と治療・改善に運動療法が効果的な理由とは…?

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    仕事的の内容的には順番を変えるとかできないけど、ストレスの多いことは早く片付けるっていう理屈はわかります。
    あと、仕事そのものの慣れてしまうと良いんですよね。
    私の場合は、仕事の内容もさることながら、人間関係のストレスが大きいです。みんなそうじゃないかな。仕事が慣れてくると、人間関係が嫌になってくる…。これで転職を繰り返す人も多いと聞きます。
    私も、やめたいとずっと思いながら、今の仕事に貼りついてるんですよね…。

    • hanako より:

      やっぱり最後は人間関係ですね。
      完全に人間関係のストレスを無くすことはできませんが、「自分が我慢しているのと同じくらい、相手も自分に我慢してくれている」と、感謝の心を持てるようになると、少しは人間関係も楽に受け止められるようになると思います。

  2. ヤスミ より:

    嫌なことって、ついつい後回しにしてしまいがちだけど、そうするとずっと心の中に引っかかったままなんですよね。
    わかってるんですけど、ついw。
    もう明日からは朝起きたら最初に一番嫌なこと片付けるようにします。
    …続くかどうかは、わかりませんけどねw。

    • hanako より:

      ヤスミさん
      ついつい、っていう気持ち、よくわかりますよ。
      嫌なことって、いったんなかったコトにしたくなりますよね。
      でも、ヤスミさんがおっしゃる通り、心の中にずっと忘れずに引っかかっているわけですから、心に引っかかった状態、つまりモヤモヤした状態を長引かせてしまうわけです。
      でも、どうしてもこの習慣を変えられないなら、いっそ「ま、いっか」でも良いのでは?
      考えすぎが一番良くないですよ~~。