子供にとってテレビは悪影響?育児的・教育的に良い面も…

テレビを見過ぎると頭が悪くなる。テレビは子供には有害。

そんなイメージが強いテレビですが、最近では悪い面ばかりでなく育児・教育面でのメリットについての見識もあがってきているようです。

0458

 
テレビばかり見ているのはダメなんじゃないの~!?

テレビの「見過ぎ」が良くないことには変わりありません。

テレビは子供にとって、魔法の宝箱みたいなもの。

スイッチをオンにして放っておけば、いつまでも見続けてしまうため、外遊びや友達との交流、お勉強のための時間が圧迫されてしまいます。

また、受け身なだけのメディアを、ひとり静かに長時間視聴し続けることで、思考能力にも影響が出る恐れもあります。

各家庭の生活スタイルに合わせて観る番組と時間を決め、その約束にしたがって観るようにした方が良さそうです。

スポンサー リンク

 
育児的・教育的に良い面って?

テレビは、映像を通じて子供の世界を広げる可能性を持つメディアでもあります。

音声付きの動画には、文字だけ・絵だけという紙のメディアとは違ったアプローチで、物事を直感的に理解できるというメリットがあると考えられています。

また、生活に密着していながら広い世界や多様な価値観・考え方などの情報を得られるテレビは、知識を深めたり、ドラマ性のあるアニメなどを観ることで情緒を高める手段にもなるそうです。

 
そうなんだね!
観るとき注意することはある?

お父さんやお母さんと一緒に番組を観て、意見を交わしたり、共感したりすることで、単に視聴するだけの受け身のメディアではなく、物事を考え、自分の意見をまとめて伝える力をつけ、コミュニケーション能力を高めることができます。

お父さんやお母さんが忙しくて一緒に観られない時は「今週のxxはどうだった?」「どんなお話だったか教えて」「みてどう思った?」などと会話を投げかけ、伝える力をつけるアシストをしてあげましょう。

 
テレビも使い方次第で、コミュニケーション能力を養う手段にもなるんだね!

スポンサー リンク

子供の学力・体力アップのために知っておくべき朝食との相関関係

地方での子育てに意外な問題…田舎の方が不登校の子どもが多い!?

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする