洗顔しないのとは違う、石鹸を使わず乾燥から肌を守る洗顔方法

スキンケアの中で、クレンジングの次に肌に負担がかかるのが洗顔。

この洗顔を方法を変えるだけで、洗顔による乾燥知らずの潤い肌に変わることができるかも!?

0339

潤いを保ち、肌を守るために必要な皮脂まで洗い流してしまうこともある洗顔には、細心の注意を払いたいもの。

汚れを落としたのは良いけど、潤いも落として小ジワだらけになってしまうようでは、何のための洗顔なのかわからなくなってしまいますね。

乾燥が気になる人は特に、できるだけ泡で洗う洗顔は避けましょう。

最近は、ダブル洗顔不要のクレンジングも増えてきました。

夜の洗顔は、ダブル洗顔不要タイプのクレンジングを使い、「メイク落としの後は洗い流すだけ」にすると、うるおいが違ってきます。

 
朝の洗顔はどうすればいい?

朝の洗顔や、メイク汚れをオフする必要のない日におすすめしたいのが、

乳液洗顔

 
乳液は保湿するもので顔を洗うものじゃないよ~?

スポンサー リンク

もともと保湿アイテムの乳液ですが、油分と水分がバランス良く配合された乳液は、クルクルと顔の上でなじませると、皮脂や水分を奪うことなく汚れを浮かせてくれます。

普段保湿のために使う量より少し多めの乳液を手に取り、手指でやさしく温めながら、なでるようになじませましょう。

終わったらティッシュでこすらないようにオフするか、洗い流します。

 
意外な方法で汚れが落とせるんだね!

一昔前まで、「ふわふわ・モコモコ泡洗顔」がスキンケアの基本でしたが、肌に関する研究が進み、色々な検証が行われていく中で、スキンケアの常識もどんどん変わってきています。

古い常識にとらわれず、正しいスキンケアで大切なお肌を守って行きたいですね。

スポンサー リンク

【美肌を作る方法】クレンジングの仕方で10年後の肌が変わる!?

真夏の毛穴の開きはメイク前の簡単ケアで解消できる!

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする