マイケル・ジャクソンの娘パリスに真剣交際の初スキャンダル

2009年6月25日に50歳で亡くなったマイケル・ジャクソンの愛娘パリス・ジャクソンに、初のスキャンダル報道が出ました。

有名人や資産家の子供にスキャンダル報道が出るとすぐ「遺産目当てでは?」などと報道さがちですが、今回は…。

0393

マイケル・ジャクソンの3人の子供たちの中でも、長男プリンスと長女パリスは実の子供でないことをマイケル本人が生前明らかにしていますが(マイケルの実の子供は二男のブランケットだけ)、マイケルは唯一の娘であるパリスをとても大切に育てていました。

そんなパリスももう17歳になり、初恋人ができたということで、初のスキャンダル報道です。

スポンサー リンク

お相手は南カリフォルニアのサッカークラブ「Real So Cal」で活躍する18才のチェスター・カステロウさん。

本人たちも堂々と交際宣言しており、フェイスブックのステータスも「交際中」になっているそうです。

パリスの家族はチェスター本人とその家族の素性を全てチェック(!)。

裕福な家庭の出身で、もともと経済的にも恵まれているチェスターは、遺産目当てではないと判断してもらえたようで「交際相手として問題なし」と、温かく見守られている模様。

ゆっくり焦らず関係を進展させるようアドバイスしているとも報道されています。

パリスは2013年に自殺未遂をはかり、精神状態を心配されたこともありましたが、今は「これ以上ないくらい幸せそう」だと、関係者も話しているそうです。

チェスターはパリスが変なものに手を出したり、ハリウッドのドラマに巻き込まれないようにして健康を保ってくれてる存在。

生まれた時からパパラッチに追い回され、恋人ができればいちいち世界中にニュース配信される生活は、一般人には想像もつかない大変さがあると思いますが、大切な存在と巡り合えて精神状態が安定しているということなので、とりあえず一安心ですね。

スポンサー リンク

マイケルジャクソン、柴咲コウ、マライアキャリーも醜形恐怖症?

モデル栗原類、注意欠陥障害(ADD)を告白、尾木ママ感謝

ジョージ・クルーニーの妻アマル、結婚のストレスで激やせ?

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする