ストレス・イライラにはポジティブな効果・メリットも!

ストレスは、過剰に受けすぎると様々な身体的・精神的症状を引き起こしますが、決してネガティブな面ばかりではないのです。

ストレスそのものよりも、「ストレスが心身に悪影響を及ぼす」と「思い込み過ぎること」の方が問題だということがわかってきました。

0372

健康心理学者のケリー・マクゴニガルさんによると、「ストレスが身体に悪いと信じていたことによって死期を早めてしまう」場合がある、とのこと。

ストレスケア、ストレスマネジメントは身体と心の健康を守るために確かに大切な事ですが、気にしすぎるとそれ自体がより大きなストレスになってしまうと言うことのようです。

ストレスはなくすことはできません。

それならば、ストレスが私たちの心と体にどんな影響を及ぼすのかを知り、上手にストレスと付き合って行きましょう。

スポンサー リンク

ストレスが及ぼす良い効果・効能

社交性を高める

ストレスは、人を社交的にします。

ストレスを感じると、体内でオキシトシンというホルモンが分泌され、大切な人とのスキンシップを強く求めるようになります。

それにより、「人との共感」を高め、助け合いたいという精神を高めるのです。

スキンシップをはかることで分泌されると思っていたオキシトシンですが、ストレスによっても分泌され、スキンシップを求める働きにつながっていたのですね。

360度回って免疫力を高める

ストレスを受けると、免疫システムがダメージを受けることは間違いありません。

しかし同時に、オキシトシンがダメージを修復して免疫力を補強し、心と体を次なるストレスから守るための力をつけてくれるのです。

ストレスを受けた直後のダメージばかりに気を取られがちですが、適度なストレスは、私たちの心と体を強くしてくれる薬にもなるわけですね。

ストレスに悩むより、成長につなげる

ストレスを強く感じた時、その原因となる要素を見つけ出し、環境を改善していくことは大切ですが、どうしても変えられない部分であるにもかかわらず「この○○さえなければ」「○○のせいで…」と思い続けることは、毒でしかありません。

ストレスを感じても悲観的になり過ぎず、また、ストレス解消にとらわれ過ぎず、「自分は今成長している」ととらえ、楽観的な未来志向で行くことも大切なようです。

スポンサー リンク

睡眠する時パートナーと手をつないで寝るとストレス解消になる!

【仕事や勉強のストレスを解消】便利グッズで効率アップ

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] ストレス・イライラにはポジティブな効果・メリットも! […]