スマホのやり過ぎで頭痛・手指痛…貴重な時間を無駄にしてない?

スマホの普及により、いつでもどこでも必要な情報にアクセスでき、誰とでも通信できて、ヒマつぶしにも困らない便利な時代になりました。

…でも、スマホって、便利に生活するためのツール、つまり道具ですよね?

あなたは道具に「振り回されて」いませんか…?

0174

スマホになってから、ネットワークもゲームも通信も進化し、モバイル生活がとても便利になりました。

「ガラケー時代はどうやって生活していたんだろう?」と思ってしまうくらいですね。一度便利さを味わってしまうと、もう手放せない!と感じている人も少なくないでしょう。

 
でも、物事には、良い面があれば必ず悪い面があります。

身近で便利で何でもできるモバイル端末の普及、それはスマホをやり過ぎてスマホ依存症になってしまう人、「スマホに振り回されて生きる人」の増加をもたらしているのです。

スポンサーリンク

スマホに振り回されるってどういうこと?

ラインなどSNSの普及により、電話やメールではちょっと面倒に感じていた通信が劇的に手軽になりました。

また、ちょっと調べたいことがあれば、パソコンを起動しなくても指先の操作だけで世界中の情報にアクセスすることができます。

 
実はこれが落とし穴なのですね。

簡単に不便や退屈を解消できるはずの道具が、手放せない必需品になり、常に画面を操作してないと落ち着かなくなってしまう…。

実際、朝起きたらすぐスマホを起動してメールやラインのメッセージを確認し、ニュースを一通り見て、通勤電車でゲームアプリを楽しみ、仕事の昼休みなるとまたメッセージチェックと返信、夜もベッドで眠くなるまで操作し続ける…。

そんな生活パターンの人が増えています。

 
スマホのし過ぎで手と指の感覚がおかしくなったり、頭痛がするなど体に異常を訴える人も増えていると言いますが、そこまで行ったらもう依存状態と同じですね。

スマホ頭痛の原因は、長時間同じ姿勢で首が固定されているため、血流が悪くなっていることと、眼精疲労によるものが考えられます。

 
人生には、スマホ操作よりも有意義で楽しいこと、やるべきことがたくさんあるはずなのに、ずっと画面を見て一日を過ごすなんて、80過ぎのおじいちゃんかおばあちゃんみたいですよ

インターネットで得られる情報は多いですが、その深さや正確さは書籍に遠く及びません。

 
また、ネットで画面スクロールをしながら脳に入ってくる情報は、紙媒体の情報の20%程度とも言われています。

ネットで読み物をして読書をした気になっていても、実際に読書をしている人が得ている知識とは雲泥の差が出てきてしまうのです。

勉強や読書で身につく知識や技術は、若いうちでないと生かせません。

また、体を動かさない生活が続けば、姿勢が悪くなり、血流も滞って体調が悪くなることも指摘されていますし、体を動かすべき若い時代に動かず部屋でじっとしていると、将来の骨粗鬆症や老人性痴ほう症のリスクを高めてしまいます

スポンサーリンク

寂しさや退屈から簡単に解放してくれるスマホ。

でも、あくまでも生活を便利にしてくれるための道具であることを忘れずに、上手に「使って」いきましょう。

【首の姿勢が悪いとうつ病に?】首こりをほぐしてストレス改善!

ウォーキングに食事制限…ダイエットしてるのにやせないのはナゼ?

女医・日比野佐和子先生が警鐘!日焼け止めのし過ぎはガンになる

首冷やしダイエットで代謝もアップ、美白美肌・若返り効果も!

スポンサーリンク

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村


ストレス ブログランキングへ

コメントを残す