原因不明の体調不良と精神状態は間食と砂糖の見直しで改善する?

砂糖・糖分の摂り過ぎは精神状態の悪化の原因になっていることがあります。

イライラや不安感、恐怖心が強いなど、精神的な不安を抱えている、常に体がだるくスッキリしない、甘いものが大好きで、甘いものを食べると一時的に気分が落ち着くなど、思い当たるふしがあったら、まずはおやつと甘味料(砂糖)から見直してみましょう。

関連記事⇒うつ・対人恐怖症・パニック障害の原因は糖分のとり過ぎかも?

0049

砂糖を変えて、クッキーやチョコ・ケーキも控えめに

スポンサー リンク



白砂糖は使わない

家庭で使う甘味料は、白砂糖を一切やめ、甘蔗糖(かんしょとう)やきび砂糖、黒砂糖などの精製されてないものに切り替えていきましょう。

精製された白砂糖は純度が高いため消化吸収が早いので、血糖値の急上昇と急降下の原因となります。

精製されてないお砂糖は、血糖値の上昇もいくぶん緩やかになる上、ナトリウム・カリウム・カリウムなどのミネラル成分などが含まれています。

精製されてない砂糖に変えたからと言っても砂糖は砂糖。
調理に使う量は控えめを心がけましょう。

洋菓子はイベントのお楽しみに

クッキー・チョコレート・ケーキ・ドーナツ・菓子パンなどの洋菓子を食べる頻度は徐々に減らしていきましょう。お誕生日など、イベントの時に食べるくらいにした方が、イベントへの楽しみが増えていいですよ。

おせんべいやカステラ、ようかん、ゼリーなどの方が、ショートニングなどのトランス脂肪酸が使われてない分、洋菓子よりは良いですが、これらのお菓子も糖質が多いので、食べ過ぎはNG。

スポンサー リンク



おすすめのおやつは素材を生かしたもの

おすすめのおやつは、豆菓子、ナッツ類、茎わかめやごまわかめ・酢こんぶなど海藻のおやつ、食べる煮干しなど小魚のスナック、するめいか、チーズ、焼きいもなど、素材そのままがお菓子になったものです。

おやつを食べながら栄養も摂れて、糖分過剰摂取の心配もありません。

うちの家族のお気に入りは、節分の豆まき用の煎り大豆。

砂糖も塩も使ってない、原材料「大豆」のみのおやつです。
節分の時期以外は、近所のスーパーでは売ってないのですが…。
ネットで箱買い(55gx20袋とかの)してますw。

味付きの豆菓子は味が濃すぎるものが多いので、この煎り大豆と混ぜあわせてタッパーなどの保存容器に乾燥材と一緒に入れ、食べたい分だけ小皿に出して食べてます。

0051

最初は体が甘いおやつに慣れきっているため物足りなく感じるかもしれません。

甘いものは、適量であればストレスを緩和する効果もあると言われていますので、食べ過ぎない範囲で量をコントロールしながら上手に付き合って行きましょう。

ストレスが慢性化…ストレス解消に効果的な食べ物・飲み物は?

【危険な副作用】うつ病・花粉症の薬で将来の認知症リスク…!?

【モラハラ・DV】妻が加害者・夫が被害者のケースは深刻化する?

アクティブレスト・積極的休養で効果的に疲労を回復する方法

スポンサー リンク
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村


ストレス ブログランキングへ

コメントを残す