極度の心配性を治したい!考えすぎない方法・治し方はある?

「子供の受験がうまくいかなかったらどうしよう?」
「地震が来たとき逃げられなかったらどうしよう?」
「将来脳梗塞になったらどうしよう…!?」

生きていると、気にかかることは多いものですが、心配性も度を過ぎるとつらいもの。

心配ばかりしていても前に進めないし、何とかしたいですね。

治し方はあるのでしょうか…?

0288

不安遺伝子大国日本の生き残り方-心配性は悪いことではない-

そもそも、心配性は決して悪いことばかりではありません。

心配するということは、危険を避けて生きていくためには大切なこと。

日本人はもともと、不安遺伝子を持つ人の割合が他民族より高く、心配性の人がとても多い国であると言われています。

そしてその心配性ゆえに、独自の方法で生き残ってきた民族であるとも言えるのです。
関連記事:
対人恐怖症は日本人特有の症状って本当?遺伝子が原因?
朝チャン・齋藤孝氏の【不安遺伝子大国・日本人の生き残り方】

不安を持ちやすい性質であるかどうかがわかる「セロトニントランスポーター遺伝子」と言うものがあります。

この遺伝子の型によって、生まれつき不安を持ちやすいかどうかがわかるのですが、スタントマンのような職業を選ぶ人には、不安を感じにくい「LL型」の遺伝子を持っている人が多いということもわかっています。

0289

つまり、心配性のあなたは「スタントマンのような危険を伴う職業を避ける遺伝子を引き継いでいる」ということになります。

不安遺伝子を持っていて良かった!と思いませんか?

不安遺伝子を引き継いでいること、心配性であること、それ自体は決して悪いことではなく、生き残っていくうえで大切な「自分を守ろうとする才能」なのです。

ですから心配性を「治す」必要はありません。

しかしながら、行きすぎると心の病気などを引き起こしかねませんね。

心配性自体が苦しみのタネとなってしまっているようであれば、心の負担を軽減していく必要があります。

スポンサーリンク

不安や心配性を軽減するには「分別(ぶんべつ)」する

不安な気持ちや心配性を少しでも軽くするために、不安のもとになっているもの、何を心配しているのかを具体的に書き出してリスト化しましょう。

書き出した上で、その心配事を分けていきます。

自分自身の問題か自分以外の誰かの問題かを分別する

まず最初に、「その心配事は、自分自身の問題か?自分以外の誰かの問題か?」を分別し、自分以外の誰かの問題にしるしをつけます。

自分以外の誰かの問題であれば、たとえそれが自分の子供の受験のことであったとしても、親は環境を整えてあげるくらいのことしかできません。

心配は心配ですが、努力するかしないかは子供自身の問題。

親がいくらヤキモキしても、なるようにしかなりませんし、心配のしすぎはかえって子供へのプレッシャーになってしまいます。

親が「受かっても受からなくても、長い人生から見ればどうってことない」という態度で悠然とかまえていた方が、子供も精神的に安定します。

心配してもどうにもならないので、リストの中でしるしをつけた「自分以外の誰かの問題」を二重線で消し、いったん手放してしまいましょう。

 

それ以外の問題を分別する

残ったの問題の中で、自分の努力で解決できそうなものか、自分の努力だけではどうにもならないものかを分別します。

例えば「若さを失いたくない、老化したらどうしよう」という不安を抱えていたとしたら、人間は年々老化していくので、悩むだけ苦しいですね。

もちろん健康に気を使った食事や生活リズムを整えることで、老化のスピードを遅らせることは可能ですが、「悩み過ぎると活性酸素が出て老化が進む」とも言われていますので、悩むのは無駄どころかマイナスでしかありません。

悩んでもどうにもならない問題は、二重線で消しましょう。

いかがですか?

心配事だと思っていたことの半分以上が、心配しても意味がないこととして、二重線で消されて行ったのではないでしょうか。

残っている問題はどんなもの?

さて、残っている心配事はどんなものですか?

何か下準備をしておけば防げそうでしょうか?

努力すれば解決しそうでしょうか?

準備や予防策が取れそうであれば、その手段を書き出していきます。

病気になるかもしれないと心配なら、気になっている病気の資料を集め、予防するための食事や生活習慣を知り、ストレスにならない範囲でできそうな手段を書きましょう。

最近では簡単な遺伝子検査によって、自分がどんな病気になりやすいのか、ある程度傾向を知ることができるので、対策も立てやすいですね。

実際に実行しなくても、「こんな心配事にはこんな対応策がある」と知っておくことで、イザと言う時には対処できると思うことができ、不安を軽減できます。

遺伝子検査キット【遺伝子博士】5,800円(税別)

スポンサーリンク

心配している事の96%は起こらない

まだ残っている心配事はありますか?

でも大丈夫!

「心配事の80%は起こらない」ということが、統計学的にわかっています。さらに、残り20%のうちの80%は、何かしらの準備や対策をしておくことで防げることも。

つまり、心配事の発生確率は、全体の4%しかないのです。

悩んでも起こるものは起こる。けど、96%は起きない!

…なんだか、悩むのもばかばかしくなってきませんか…?

極度の心配性は、社会不安障害かも?

何と言われようと、どう考え方を切り替えようと、心配と不安が消えない…。

それはもしかしたら、社会不安障害という心の病気かもしれません。

心配性の影に、トラウマや深い憎しみ・深い悲しみを抱えていませんか?

もし心当たりがあるなら、自分の心の奥にあるかもしれない苦しみの原因を見に行ってあげてください。

小さな頃の傷が癒されないまま、子供の心のままのあなたが、癒してくれる大人のあなたを待ちながら泣いているかもしれません…。





ストレスはなくさなくて良い!?
ケリーマクゴニガル氏のストレスコントロール:世界一受けたい授業

イライラ・不眠・慢性疲労・精神不安を解消する万能野菜【玉ねぎ】

アロマの香りでリラックス効果!不安やストレスを解消しよう

スポンサーリンク

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村


ストレス ブログランキングへ

コメントを残す