ストレス解消法~涙・ため息・オナラでも…出せるものは出す

涙、ため息、オナラにゲップ…
どれも人前で出すことははばかられるものですね。

抑えて生きている人、多いのではないでしょうか。
(それが普通だと思います…。)

でも、人間出せるものは出した方が良いのです。

そう、涙もため息も、オナラでもゲップでも!

0283

涙は感情のカタルシス

泣くことはストレス解消になると言われています。

確かにひとしきり泣き終わった後って、スッキリしていることが多いですよね。

泣くとリラックスする

泣いている時、脳の血流が増加して副交感神経を活性化させます。
副交感神経が活性化するということは、リラックス状態になるということ。

泣いた後、フワッとして力が抜けたような感覚になるのは、副交感神経が優位に働き、リラックスした状態にあるからなんですね。

涙を流すことでストレスが軽くなる

涙を出すことで、ストレスの原因物質である「コルチゾール」の分泌を低減させることがわかっています。
つまり、涙にはストレスを軽くする効果があるということです。

セロトニンの分泌で気力がわいてくる

涙にはセロトニンという、覚醒状態を作り出す神経を活性化させる働きがあり、泣くことで元気になり、やる気が出てくる効果もあるのです。

泣くのをガマンしている状態は、出るべきものが出せないでいる、いわば便秘状態のようなもの。

出せる時に出すことで、感情のカタルシスになるのです。

中島みゆき・「泣いてもいいんだよ」(歌手・ももいろクローバーZ)


さすが中島みゆきさんです。
ももいろクローバーZが明るいトーンで歌っていて、
歌詞の重さとのアンバランスがおもしろい。

ため息をつくと幸せが逃げる…?実はストレス解消効果が!

「ため息をつくと幸せが逃げる」と言われ続けてきたけど、本当のところは違う側面もあるようです。

まず、ため息をつくと自動的に深呼吸になります。

深く吐いた分だけ息を深く吸い込むので、血中の酸素濃度があがり、脳にも酸素が送られ、リフレッシュされます。

深い呼吸になるので自然と腹式呼吸となり、副交感神経が優位になってリラックス状態になります。

ただし、ため息についてはまだまだネガティブな印象を持っている人も多く、目の前でつかれると不快に思われることもあるし、無駄に心配させてしまったりすることもあるので、ため息をつくときは一人の時にした方が無難です。

スポンサー リンク

オナラやゲップだって、出せるものは出してしまおう

涙やため息だけじゃなく、オナラにゲップ、くしゃみやあくびなど、自然に出るものには、体や心に出るための理由があります。

我慢するということは、生理現象に反する不自然な状態。
できるだけ自然の流れで出せるものは出した方がスッキリします。

出したいものをガマンしてばかりいては、いつか溜め込んだ負のエネルギーが大爆発することにもなりかねません…!

だからと言ってもちろん、人前でのオナラやゲップは絶対NGですよ~。

エステにメイク・美容整形…こだわり過ぎは隠れ身体醜形障害!?

対人恐怖症の原因は親にある?幼少期の環境が原因?

ダイエットに・便秘やがん予防にも!ミドリムシの効能がすごい

身近なあの飲み物が精神的ストレスを軽減することが判明!

スポンサー リンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 出典ストレス解消法~涙・ため息・オナラでも…出せるものは出す | 心がつらくなったら読む薬 […]

  2. […] 出典ストレス解消法~涙・ため息・オナラでも…出せるものは出す | 心がつらくなったら読む薬 […]