【5月病の症状と予防・対策】大学や会社など新しい環境が危険

ゴールデンウィーク明け前後から予期せず出てくる五月病。

大学1年生や、社会人1年生の休み明けに多いようです。

具体的にはどんな症状で、どんな人がなりやすいのでしょう?うつ病やニートとの関係は…?

0171

4月から入った新しい会社や大学などで、早く慣れようと頑張り続けて1か月。

ゴールデンウィークも明け、しっかり体を休めることができたはずなのに、なんとなく気が重く、体調も悪い…。

学校や会社に行きたくない。
行くことを考えるだけで頭やお腹が痛くなる。

なんとか学校や会社にたどり着いても、わけもなく疲れるし、気分も落ち込む…。

こんな症状が続いたら、5月病かもしれません。

5月病とは、いわゆる病気として認定されている病名ではありませんが、新しい環境になって約1か月にあたるゴールデンウィーク前後に上記のような症状が出てくることが多いため、一般的に「5月病」と言われているものです。

スポンサー リンク



【5月病の原因】なぜ5月に体調や気分を崩しやすいの?

会社や学校など、4月から始まった新しい環境に、最初は早く慣れよう、仕事を覚えようと頑張ります。

ところが1か月くらいたつと、新しい環境についていけないことへの不安、慣れない環境へのストレスや疲れなどから、ゴールデンウィークという長期休暇を期に、気力を失ってしまうことがあるのです。

0140

特に大学1年生においては、大学生活への期待を胸に受験勉強を頑張ってきたという背景があるため、抱いてきた夢と現実との違いに戸惑ったり、失望感を持ってしまったりすることも。

大学は、中学や高校までと違って休みやすいということもあるため、ゴールデンウィーク明けから休みがちになり、そのままずっと大学に行かなくなってしまう…と言うケースも少なくありません。

スポンサー リンク



5月病予防のキーワードは「大丈夫」と「まあいいか」

5月病にかかりやすい人は、義務感が強く、妥協を許せない完璧主義の傾向があります。

それは仕事や学業を正確に進めていく上で素晴らしいことではありますが、自分を追いつめてしまうという側面もあります。

完璧主義の人は、失敗を極度に恐れるあまり、考えすぎてしまう傾向にありますが、失敗を恐れていては前に進めないし、本当に失敗した時、立ち直るのに時間がかかってしまいます。

5月病を予防するためには、
失敗や成功に一喜一憂し過ぎないこと、
そしてまわりの空気に流されず、
自分のペースで進むことが大切。

新しい場所での不安や失敗は誰にでもあること。

新しい環境にすぐになじめないのは、あたりまえのこと。

完璧じゃないのが人間です。

あまりにも完璧を求めすぎると、5月病では済まなくなってしまう場合もあります。

深刻な場合は、失敗を恐れるあまり、ニートになってしまったり、うつ病などの心の病気に発展してしまうことも。

実際に失敗しそうだと感じたり、環境になじめず大変だと思った時は、
気持ちを楽にしてくれる言葉
「「大丈夫」と「まあいいか
を心の中で繰り返し(声に出してもOK)、あせらず気持ちを落ち着かせましょう。

実際、大抵のことは本当に「大丈夫」なのです。
人生は長いのです。
少しくらいペースダウンしても大丈夫ですよ!
失敗のひとつやふたつ、「まあいいや」で乗り切りましょう!

【会社員は要注意】通勤時間の長さが慢性的ストレスの原因に!?
不安が強くストレスを感じやすい人の特徴と対処方法
疲労回復のために寝だめはできるの?その効果は…?
【5月病・月曜病におすすめ】アロマテラピーで憂うつ気分を解消
心の回復力【 レジリエンス】の鍛え方と食事方法

スポンサー リンク
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村


ストレス ブログランキングへ

コメントを残す