思春期の反抗期が終わらない!反抗期って何歳まで?いつまで続くの?

子供が思春期を迎え、反抗期に突入したら、一体このひどい状況がいつまで続くのだろうか…と、漠然と不安に思ってしまいますよね。

「もしかして一生この子はこのままなんじゃ…」と、悲嘆に暮れてしまうこともあるでしょう。

思春期の反抗期は終わる時が来るのでしょうか。

終わるとすれば、一体いつなのでしょうか…!?

スポンサー リンク



反抗期は必ず終わる

結論から言えば、反抗期はいつまでも続くものではありません。

必ず終わる時がきます。

思春期独特の反抗期は、成長期のホルモンバランスが安定してくるにつれ、また時間が経つにつれて、自然と治っていくものです。

問題は、『いつ終わのるか』ですが…。

tj0008

時期は個人差によるところが大きい

反抗期が始まる時期・そして終わる時期は、個人差がかなりあるもので、『いつからいつ』と断言できるものではありませんが、大局で見ると『傾向』があるようです。

 
以下は『一般的な』反抗期の時期の流れです。

まず最初は、小学5年生頃から反抗期の『兆候』が見えるようになります。

なにかにつけてイライラし、素直でなくなります。

 
6年生頃にいったんおさまりを見せることもありますが、環境が大きく変わって精神的に余裕がなくなる中学1~2年生頃に本格化します。

ここからの期間は、かなり個人差が出ますが、2年、あるいは3年4年と、長期にわたるケースが多いようです。

高校時代もずっと反抗期が続く子供もいますが、高校3年間のうちに徐々にゆっくりと態度が軟化していき、大学生になる頃には落ち着いていきます。

 
あくまでも一般論ですが、これは多くのケースにあてはまります。

中には、小学生の高学年頃から親を完全に無視するようになり、それが大学に入学するまで続いたという女の子もいます。

スポンサー リンク



子供をコントロールしようとするとこじれる

子育てをしていると、どうしても子供と対立してしまうこともあるでしょう。

いくら親子とはいえ、お互い感情を持った人間同士なので、そのようなことがあるのは決して不自然なことではありません。

思春期において、子供と対立しそうになった場合には、子供に過干渉をしないということが大切です。

『自分の思う通りに子供を動かしたい』と思う場面は出てくるかもしれませんが、思春期の反抗期の子供は、親が子供をコントロールしようとすればするほど親の言うこととは反対のことをしたがるため、余計に関係がこじれてしまうことにもなりかねません。

反抗期は子供の成長過程だと割り切って、ゆったりと上手に子育てをしてみてください。

 

長い戦い…親は早く『慣れて』しまいましょう

反抗期に急変する子供は、元はとても『良い子』だったケースが多いです。

親にとっては、衝撃的とも言える変化のため、特に初期はとても苦しく感じてしまうことでしょう。

そして、『こんな日々があとどれくらい続くんだろう…』『素直でかわいかったあの子に早く戻ってほしい』と、反抗期が終わる日を心待ちにしてしまいますね。

 
ですが反抗期は、何年にもわたる長いものになるケースがとても多いです。

親はその間中、ずっと子供の反抗期と真剣に向き合って全てをまともに受けとめてしまっては、とても精神的に乗り切れるものではありません。

 
反抗期の子供の態度には、親も徐々に慣れていきます。

親も自分の精神状態を保つ必要がありますから、早く今の状況に慣れて、子供以外のことに目を向けるようにしたほうが、反抗期の時の流れが早く感じられるようになります。

 
反抗期は数年かかる、でも必ず終わる!

…と、いうことで、気楽に行きましょう!

スポンサー リンク
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村


ストレス ブログランキングへ
2016-07-14 思春期の反抗期が終わらない!反抗期って何歳まで?いつまで続くの? はコメントを受け付けていません。 反抗期