男性脳と女性脳の違いとは!?【世界一受けたい授業:中野信子先生】

男性から見ると、女性は不思議な生き物。

一方、女性から見ると、男性は理解不能。

なぜこんな違いが起きてしまうのでしょうか。

脳科学者の中野信子先生がわかりやすく解説してくださいました。

スポンサーリンク

基本的には、脳や性格は「個人差」によるものが大きいとされています。

ですので「女性は」「男性は」と、ひとくくりにすることはできません。

ここではあくまでも「一般的な傾向」として言われていることをご紹介しています。

tj0021

 
※当記事は、2017年2月4日放送『世界一受けたい授業』を参考にしています。
講師は脳科学者の中野信子先生です。

0299

心配性なのは女性、後々まで気にするのは男性

脳科学的に、男性より女性の方が心配性の傾向があります。

0100

これは、精神の安定をもたらす脳内ホルモンセロトニンの分泌量が、男性に比べ女性の方が少ないから。

旅行の準備に「必要かもしれない(けど実際は使わないかもしれない)」ものを「念のために」持っていき、荷物の量がふくらんでしまう女性が多いのは、女性の方が心配性の傾向が強いからです。

 
一方、いざトラブルが起きてしまった時、ストレスに弱いのは男性です。

0383

何か嫌なことが起きた時、男性はいつまでも落ち込んでしまうのに対して、女性はすぐに気持ちを切り替えられる人が多い傾向にあります。

これは、脳内ホルモンコルチゾールの分泌量の違いによるもの。

コルチゾールは、別名ストレスホルモンとも呼ばれる、ストレスを感じた時に出る脳内物質。

コルチゾールが多いと、不安や緊張が高まってしまい、気持ちを切り替えることができません。

このコルチゾールが女性より多く分泌されるため、男性は後々までスッキリできず引きずってしまうのです。

男性の自殺者数が女性の2.2倍にものぼるのは、このためなのだとか…。

歳をとるとキレやすくなるのは男性!

歳をとるとキレやすくなるのは、断然女性より男性です。

男性高齢者による傷害事件・暴行事件は、女性高齢者の13倍にものぼります。

キレる高齢男性による傷害・暴行事件のニュースは確かに多い気がしますね。

その原因は、男性の方が「怒りを抑える前頭前野」の老化が早いから。

人は、若いうちは腹の立つことがあっても「今ここで怒りをあらわにするのは得策じゃない」と怒りを抑える能力があるのですが、老化と共にその機能が衰えて行ってしまいます。

その老化のスピードが、男性の方が早いのです。

これに対し女性の脳は、脳の老化を緩やかにする作用のある女性ホルモンによって守られているのです。

スポンサーリンク

ケンカをした時相手を無視するのは男性

ケンカをした時、相手を無視してかかる人は男性に多いです。

0312

その原因は、言語・コミュニケーションをつかさどる上側頭溝(じょうそくとうこう)が、女性の方が発達しているため。

女性は、ケンカになった時もことばでコミュニケーションを続けようとしますが、男性は感情をうまく言葉にすることができず、黙ってしまうのです。

その結果、女性側がまだケンカを続けているのに男性は「無視をしている」かのようになってしまうというわけです。

色覚が優れているのは女性、嗅覚が優れているのも女性

女性は、微妙な色の違いを見分けるのが得意です。

さらに、女性はわずかなニオイの違いをかぎ分けるのも得意。

0443

これはにおいを感じ取る「嗅球(きゅうきゅう)」という脳内細胞の違いによるもの。

女性の嗅球の数は男性よりも43%も多い、つまり約1.5倍近くもあるのです。

わずかなにおいの違いから、パートナーの浮気に気づく女性のは圧倒的に女性の方が多い理由の一つはここにあるのですね。

 
また、恋愛のパートナーを探す時、男性は圧倒的に視覚で選びますが、女性はにおいで異性をかぎわけて、自分にとってパートナーとしてふさわしいかどうかを判断しています。

 
さらに女性は、「においと過去の記憶」をつなげておく能力にも長けています。

過去の記憶と連動するニオイをかぐことで、その当時のことを思い出しやすいのは女性のほう、ということですね。

空間認識力が高いのは男性

3次元の空間を読み取る能力、空間認識力は男性の方が優れています。

tj0022

 
女性はよく「地図が読めない」と言われますが、これも空間認識能力の差によるものです。

地図も読めるし、道に迷うことも少ないなど、空間認識能力に長けている女性は、男性脳に近い部分があるのかもしれません。

ブラック企業にダマされやすいのは性別関係なし!

「ブラック企業に騙されやすい人」に性別の違いはないようです。

人がブラック企業に騙されてしまうのは、脳に自分の置かれた状況を「そんなにヒサンなものじゃない」と思おうとする(自分自身をダマそうとする)機能があるため。

0163

 
例えば、退屈で大変な上、報酬が少ない仕事、いわゆるブラックな仕事をしていると、「退屈で大変」なのに「報酬が少ない」という思いが発生します。

この二つの矛盾した思いが心の中で発生することを認知的不協和と言います。

認知的不協和が起こりかけた時、人は何とか自分を納得させようと、「意外と楽しい仕事だ」「社会のために役に立っているから充実している」「やりがいがある仕事だ」など、脳が勝手に妄想をつくり出してしまうのです。

 
犯罪者に多い、人の心を巧みに操るサイコパスは、こうした脳の仕組みを利用していると言われているので、すぐに我慢してしまったり、変化を恐れて悪い状況を打開しようとしない傾向がある人は気を付けましょう!

 
もしかして自分の会社はブラック企業?と思ったことがある人は、一度冷静になって、客観的に自分の置かれた状況を見てみましょう!

 

スポンサーリンク


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村


ストレス ブログランキングへ
2017-02-06 男性脳と女性脳の違いとは!?【世界一受けたい授業:中野信子先生】 はコメントを受け付けていません。 その他