スーパーモデル・シンディクロフォードの修正前画像流出で考える

元スーパーモデルのシンディ・クロフォード。

今も現役の40代ママモデルとして活躍中です。

そんなシンディ・クロフォードの修整前写真が流出しました。

スポンサー リンク



スーパーモデル全盛期のモデルはやせ過ぎてなくてキレイだった!

cindy01
スーパーモデル時代のシンディ・クロフォード

一般のモデルとは年収も仕事内容も全然格が違う、「スーパーモデル」の元祖。

シンディは、クラウディア・シファーと並んで
世界中の女性のあこがれでした。

0308
元スーパーモデル クラウディア・シファー

当時のスーパーモデルは、今のように痩せすぎてなくて、セクシーさを兼ね備えた人が多かったんですね。本当に美しくて、私もあこがれました。

女性からの絶大な支持率の高さから、現在もモデルを続けるシンディ。

出産後もボディラインが美しいと定評だったのですが、そのボディラインを写した無修正写真がなぜか「流出」してしまったのです。

cindy

フォトショップの修正技術はスゴイですね。

出っ腹はいいのかな?

私はてっきり、このお腹が出ているのが修正前の写真で、フォトショップの技術でお腹をシュッとスレンダーに加工された写真がどこかにあるのだと思っていました。

(私だったら、こんだけお腹出てたら絶対人前にさらさないですが…)

ネットユーザーの反応は様々ですが、「多くの経産婦を安心させた」というような、好意的なものが意外と多いようです。
(シンディが自分で流出させたわけじゃないんですけど…)

これで好感度が上がったとしたら、シンディも複雑ですね。

スポンサー リンク



雑誌やテレビを見てあこがれるのはいいけれど…

ここで一般人である私たちが覚えておきたいのは、雑誌などに出ているモデルさんたちは、かなりの勢いで修正されていると言うこと。

雑誌の美しいモデルさんや女優さんたちを見ては、神がかり的な美しさにため息をつき、現実の自分との差に、さらにため息を重ねる…。

ここまでで済むなら良いのですが、そんな何気ない他人との比較から、身体醜形障害などのような恐ろしい心の病気を発症してしまうこともあるので、注意が必要です。

心の病気は一度発症したら厄介です。

モデルさんも女優さんも人間。

雑誌に写る姿は、たとえ修正されていなくても、何百枚も撮られた中の最高の一枚です。

テレビに出ている女優さんやタレントさんだって、最高の技術を持ったプロのヘアメイクさんやスタイリストさんによる「作品」なのです。

スーパーモデル、ジゼル・ブンチェンの修正画像比較

bunchan
左の画像は足を長く見せるよう下から撮影し、さらに胴を短く、足を長く修正してあります。
右の修正してない画像と比べると、ひざ下の長さなど、体のバランスが全然違います。

プチから本格的なものまで全て含めると、整形してない人などまずいないと言われているのが芸能界。

憧れを売る世界ですから、むこうも必死。
業界の裏を知って、惑わされないように生きたいものです。

柴咲コウは身体醜形障害?
モデル栗原類、注意欠陥障害(ADD)を告白、尾木ママ感謝
マイケル・ジャクソンの娘パリスに真剣交際の初スキャンダル
ジョニー・デップ、愛犬の後を追って帰国…離婚危機再浮上?
【ジュースクレンズは効果なし】グウィネスパルトロウの美容はデタラメ?

スポンサー リンク
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村


ストレス ブログランキングへ

コメントを残す