中一ギャップで不登校…小学校との違いが原因?対応策は?

中学生になって不登校になる子供が急増しています。

中学1年生の不登校は、小学校6年生の約3倍にもなるとか。

(2012年のデータでは、小学校6年生の不登校が6,920人であるのに対して、中学1年生では21,192人となっています)

小学校までののんびりした生活と、中学校での新しい生活とのギャップに悩まないために、どうすれば良いのでしょうか…?

(参考:2015年4月15日放送「ホンマでっか!TV」)

スポンサー リンク



中一ギャップとは?何が原因?

中学生になって、小学校時代との生活のギャップに適応できず、ついていけなくなることを「中一ギャップ」と言います。

小学校まではかなりのレベルで親や先生から保護され、見守られる環境であったのに対し、中学では一人一人が独立して、自分のことは自分で管理することを求められる環境になって行きます。

0249

 
小学校では、勉強の出来不出来、成績の良し悪しや順位をあまり問題にせず、全員横並びで仲良くやってきたのに、中学校ではかなりリアルに成績順が出されたりします。

また、違う小学校から来る知らないクラスメイトが一気に増えることも、不安になる要因のひとつと言えるでしょう。

 
この中一ギャップによる不登校が顕著になるのは、4月の第3週目くらいからが多いようです。

全く環境の違う世界に飛び込むわけですから、誰だって要領がわからず戸惑うもの。

ひどい場合は不登校になってしまうと言うから、親としても心配ですね。

 
徴候としては、学校に行くのをためらい、行くのを渋るようになってくるところから始まります。

学校に行く時間になると、おなかが痛くなる・頭が痛くなる・体が重いと言って行きたがらなくなることが増えたら要注意。

 

中一ギャップで不登校にならないためには

中一ギャップで不登校に陥らないために、「自分に自信をつける」というのが有効です。

勉強やテストの点数で誰かと比べてしまうと、からなず自分よりできる人がいて、競争のなかに埋もれてしまいます。

 
勉強だけじゃない、自分の個性を発掘し、「これだけは他の人に負けない」と自信を持てるもの、熱中できる何かを持っていると、競争や数字にとらわれない自由な考え方ができるようになり、柔軟な心で学校生活を送ることができるようになるのです。

 

スポンサー リンク



 

マツコ・デラックスさん、千原ジュニアさんも不登校だった!

千原ジュニアさんの不登校時代

お笑いの千原ジュニアさんも不登校だったそうです。

0257

猛勉強の末、中学受験で目指していた学校に見事合格した千原ジュニアさんは、入学後に燃え尽きてしまい、進学校であった中学の空気にもなじめず、不登校になってしまいます。

中高一貫校であったため、そのまま高校に進級しますが、高校にもほとんど行かず、何もしない生活を続けていたところ、兄のせいじさんに誘われてお笑いの世界に飛び込み、そこで自分の生きる道をみつけたのだそうです。

 

マツコ・デラックスさんの不登校時代

マツコ・デラックスさんも、短いながらも不登校だった期間があったとか。

0258

マツコさんの場合は、まわりの子供が自分より幼く感じ、それに合わせるのがつらくなってしまったそうです。

マツコさんは担任の先生にも恵まれ、「他の子と無理に合わなくてもいいや」と思い直して再び登校できるようになったとのこと。

 
マツコさんは、出演中の番組で「子供の時に失敗しても、大人になってからまたチャンスがある」とおっしゃっています。

 
何かと型にはまってレールの上をまっすぐに進むのが良い人生のように思われがちな日本の社会ですが、その中にもいろんな生きがあり、つらかった過去を笑って振り返ることができる人生はたくさんあるのです。

 
小学校や中学校での失敗は、その時にはとても重大な、人生を左右する一大事に思えるかもしれません。

そんな時、「生きていればチャンスはある、大丈夫」と思うことのできる考え方の柔軟さが、心の強さを作るのだと思います。

 
【不登校予防】流動性知能を高め脳を鍛える幼児期の習い事とは
心の回復力【 レジリエンス】の鍛え方と食事方法
子供が大学生になって無気力にならないための父親の育児方法
子供の学力・体力アップのために知っておくべき朝食との相関関係

スポンサー リンク
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村


ストレス ブログランキングへ

コメントを残す