SSRIなど向精神薬の副作用で、うつ病を双極性障害にされる?

従来の薬より副作用が少ないと言われ、現在の精神科治療でかなり処方が増えていると思われるSSRI。

でも、「副作用が少ない」=「副作用がない」という意味ではありません。

長期にわたって服用し続けたり、知識の乏しいドクターの診断で本当はうつ病なのに双極性障害にされてしまったり、多剤服用で最悪の結果を招いているケースもあるようです。

「SSRIなど向精神薬の副作用で、うつ病を双極性障害にされる?」の続きを読む…

双極性障害・統合失調症の遺伝子は芸術性・創造性の延長上に…

双極性障害や統合失調症を発症する人の脳と、芸術性の高い人の脳に近いものがある可能性については、以前から言われてきていたようです。

今回、大規模なサンプリング調査により、遺伝子レベルでの類似性が明らかにされました。

「双極性障害・統合失調症の遺伝子は芸術性・創造性の延長上に…」の続きを読む…

うつ病と双極性障害、症状は似ていても脳に明らかな違いが!

うつ病と双極性障害(躁うつ病)は、うつ状態の時で比べると、専門医でも判別がつかないほど症状が良く似ています。

しかしMRIで調べると、ふたつの病気の間には明らかな違いがあることがわかったそうです。

「うつ病と双極性障害、症状は似ていても脳に明らかな違いが!」の続きを読む…

マインドフルネス瞑想によるストレス軽減法にうつ発症の危険?

精神状態を落ち着かせ、ストレスを軽減する作用があるとされ、色々な場面で取り入れられている瞑想やマインドフルネス。

このマインドフルネス瞑想法などが、双極性障害やうつ病を引き起こすきっかけになるかもしれないって、本当!?

「マインドフルネス瞑想によるストレス軽減法にうつ発症の危険?」の続きを読む…

夫婦Wうつで苦しんだ萩原流行さん、本当の病名は双極性障害

2015年4月22日に亡くなった萩原流行(はぎわらながれ)さんは、奥様のまゆ美さんと共に、夫婦ダブルでうつ病だったことでも知られています。

しかし実際には、流行さんが患っていたのは、うつ病ではなく双極性障害だったと言われています。

萩原流行さんとまゆ美さんの共著『Wうつ』によると、流行さんの人生はまさに「壮絶」でした。

「夫婦Wうつで苦しんだ萩原流行さん、本当の病名は双極性障害」の続きを読む…

双極性障害(躁うつ病)とは…うつ病と違う、誤診されやすい病気

双極性障害(以前は躁うつ病と呼ばれていた)は、診断が難しく、うつ病と診断を受けた人の10~20%が実は双極性障害だったとも言われています。

他の精神疾患と比べても誤診を受けやすい双極性障害とは、一体どのような病気なのでしょうか?

「双極性障害(躁うつ病)とは…うつ病と違う、誤診されやすい病気」の続きを読む…

【双極性障害の特徴】うつ病との違いと躁状態に関する基礎知識

双極性障害は、誤診率と再発率の高さ・治療の長期化傾向があることなどから、うつ病より治療が困難な病気とされています。

治療方法もうつ病のそれとは根本的に違うものになりますので、本人や家族、まわりの人がうつ病との違いや特徴などを知っておくことが大切です。

「【双極性障害の特徴】うつ病との違いと躁状態に関する基礎知識」の続きを読む…

【双極性障害】脳、遺伝、親との関係、環境、ストレス…原因は何?

双極性障害にかかる原因として現在考えられているものはいくつかありますが、明確な原因の特定には至っていません。

ですが双極性障害にかかった人に共通する環境や傾向などは存在します。

これらを知っておくことは、病気の再発防止にもつながりますので、思い当たるものがあったら避けられるものは避け、改善できる環境は変えていきましょう。
「【双極性障害】脳、遺伝、親との関係、環境、ストレス…原因は何?」の続きを読む…