反抗期の息子に「クズ」と言った母親は尋常じゃないダメ母なのか

ネットニュースのJ-CASTニュース(元記事は読売『人生案内』)に、思春期で反抗期と思われる中学3年生の息子に対するシングルマザーの悩みと、その母親への批判が掲載されました。

「こんなクズ、産むんじゃなかった」と発言してしまった母親は、「尋常ではないダメ母」なのでしょうか…?

スポンサーリンク

思い通りにならない息子に悩む母親

ニュースの概要は以下の通りです。

相談者はシングルマザーの40代女性。

大学受験に向けて熱心に勉強に励む高校3年生の娘に比べて、中学3年生の息子が「どうしようもなくて、嫌になる」と悩んでいる。

息子が「部活をやめさせられて以来、スマホのゲームばかりしている」ことに頭を抱え、同居中の両親からも「息子のことで小言」をぶつけられる。

「私は怒りを10倍にして息子にぶつけ、ケンカになる。いつも、この繰り返しです」と言い、

さらには、「息子を私の人生から抹消したいとさえ考えます」と驚きの告白。

 
本人にも直接「こんなクズ、産むんじゃなかった」という言葉をぶつけてしまうこともあるという。

 
これに対する有識者様の「模範解答」は以下の通りです。

恵泉女学園大学の学長であり、NHK・Eテレの情報番組『すくすく子育て』のコメンテーターでもある大日向雅美氏は、「即刻あなたの心と態度を改めるべきです」と、バッサリ切り捨てた。

大日向氏はまず、この母親の息子への姿勢について「尋常ではありません」と指摘。

 
続けて、「あなたはすでに息子さんを精神的に抹消しているのと同然です」
「息子さんへの接し方について率直にあやまってください」などと厳しく批判。

さらに
「優等生のお姉さんが輝いていて、自分をめぐって祖父母の小言が飛び交い、母親からは存在を全否定されている」と息子をめぐる家庭の問題を列挙。

「唯一の逃げ場がスマホのゲームになっているのでは」と分析し、「よく息子さんは耐えていると思います」とも続けた。

この記事に対し、ネットの反応は…。

「最近の親って普通に自分の子供にこんな事言うのか?正気の沙汰じゃない」
「息子がかわいそうだ。想像したら胸が詰まる」

などと相談者に批判的な意見が相次いでいるほか、大日向さんの回答について「100点満点の回答」「これくらい痛快な回答は久々」と称賛する声も数多く出ている。

 ただその一方で、「親も人間よ。限界もある」「女手ひとつで育てている苦労を考えるとなあ」などと母親に同情的な意見もゼロではなかった。

以上が記事の概要でした。

スポンサーリンク

 

ダメなものを「ダメ」というのは簡単!…でも、問題解決にはならない?

多くのネットユーザーが称賛するとおり、大日向雅美氏のおコトバは、確かに模範回答なのでしょうね。

でも、この記事を読んで私が一番最初に思ったことは、

「この回答者さんは子供の反抗期を身をもって体験していないか、体験していても軽いものだったに違いない」

というものでした。

tj0002

 

確かに、自分の子供に直接「こんなクズ産むんじゃなかった」と言ってしまうのは、最低のダメ母です。

「お母さんそれ言っちゃダメだよ」って、誰だって言いたくなります。

 
でも、本当に激しい反抗期や、どうしようもなく荒れた思春期の子供に何度も泣かされたことのある母親なら、少しはこの母親の気持ちが理解できるのではないでしょうか。

 
このお母さんだってきっと、最初からそんなひどい事を思っていたわけではないでしょう。

試行錯誤して、あれもこれもやってみて、でもどうにもならなくて…。

それでも赤の他人ならいざ知らず、自分の息子だからこそ将来が心配で、気になって仕方なく、悩み続けていたことと思います。

 
どう対応するのが正しいのかわからないまま、ガチンコで思春期・反抗期と向き合ってしまったがために疲れ果て、崩れそうな自分の精神を守るために「産まなきゃ良かった」と思うに至ってしまったのではないでしょうか。

 
思い詰めて相談してきた人に「尋常じゃない」「アンタが悪い」と正論をぶつけて、果たして問題が解決するのでしょうか。

 
それは例えるなら、「私、どうしてもいじめをしてしまうんです」と相談してきた子供に、「いじめをするアンタは尋常じゃない、いじめられた子がかわいそう、今すぐ態度を改めなさい」と言うようなもの。

正論だけど、それでいじめをやめさせることはできないでしょう。

 
まずは「あなたも悩んでいるのね、苦しかったのね」と、いじめっ子の心に寄り添い、理解しようとするところから始めないと、いじめ問題は解決しません。

 
思春期の子供にイライラをぶつけてしまう母親の問題も、同じなんじゃないかと思います。

 

誰もが「模範的な母親」になれるわけじゃない!

子供の心に寄り添う。

 
これが、反抗期や思春期で微妙になってしまった子供に対する正しい対応と言われています。

少し離れたところで、ひたすら見守るだけ。

手出し口出しせず、子どもの自立を見守るのが、正しい思春期の親のあり方。

思春期の子供の反抗期…改善する方法はある?母親の対応法は?

 
反抗期や思春期の荒れ方が軽ければ、模範的な母親でいることも難しくはないかもしれません。

だけど、本当にどうしようもなく、手に負えないくらいに荒れてしまったら…?

 
人生踏み外しそうな危ういわが子を目の前にして、模範どおり静かに見守ることができる母親って、いったいどれくらいいるのでしょうか。

 
少子化・核家族化世代の私たち母親は、経験も、見本やお手本もとても少ないです。

わが子の急変ぶりに、母親がおろおろしてしまうのは、むしろ普通のことではないのでしょうか。

 

理解されない母親の悩み・苦しみ

私は以前、自分の子供の反抗期のことで市区町村の相談窓口に電話相談したことがあります。

窓口の方は親身になって聞いてくれましたが、「反抗期は普通に、誰にでもあること。なぜそこまでなげき悲しむのか。どっしり構えていれば良いのに」とも言われました。

 
私は「自分だけが考えすぎなのか?」と悩み、ネットで検索してみました。

するとそこには、反抗期・思春期の子を持つ母親たちの苦しみや、嘆き悲しみの声が、無数にゴロゴロと転がっていました。

 
2ちゃんねるのように、匿名性が高くなるほど、母親たちのことばは激しく、苦しく、つらく悲しいものでした。

有識者様からは「尋常ではない」と切り捨てられるような言葉がいたるところに飛び交っている世界です。

有識者様や市区町村の窓口の方々は、「尋常じゃない」母親がそこらじゅうに普通にいると言う事実を知らないだけなのです。

 

「産まなきゃよかった」って思ってしまっても普通!

母親なら、どんな時でも「産まなきゃよかったなんて思ったことはない」と自信を持って言える人がほとんどだと思います。

それが普通。

でも。

母親だって人間です。

思春期や反抗期で、どうしようもなく荒れた子供を前にして、手に負えなくなってしまったと感じた時、「産まなきゃよかった」と思ってしまう瞬間があるのも、普通のことなんです。

 
「私はひどいコトを思ってしまうダメ母」と思って落ち込んでいたお母さん、安心してください。

世の中意外とダメ母だらけですよ。

 

ダメ母で結構!それでも私は母親だ!

かく言う私もダメ母です。

反抗期の子供に、嫌われ、暴言をはかれ、食事を残され、にらまれ、振り回されて生きています。

「リセットしたい」と思ってしまうこともしょっちゅう。

「リセットしたい」と「産まなきゃよかった」の間に大差はないと思っています。

 
でもね、私はダメ母ですけど、自分の子どもの将来の幸せを思う気持ちは誰にも負けてないです

 
この相談者のお母さんだって、対応は間違っているかもしれないけど、息子さんの幸せを思う気持ちは誰にも負けてないはずです。

でなければ新聞に相談なんかする前に、早々に悩むのをやめているはず。


 
ダメ母はダメ母なりに、それでも母親なんです。

誰もが正しい模範的な聖人のような母親になれるわけじゃありません。

 
ダメ母は子供の育て方を間違っている。

でも、みんなけっこう間違っている!


 
皆と同じ、ダメ母でいいじゃないですか。

泥臭く悩んで苦しんで…、それも含めてきっと母親の特権(?)なのです。

 
苦しい時は一生続くわけじゃありません。

どんな苦しいことも、絶対に終わる時が来ます。

どしゃぶりの雨の後ほどよく晴れるもの。

 
「いつか必ず晴れる!」と信じて、まずは少し肩の力を抜いてみませんか。

 

スポンサーリンク

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村


ストレス ブログランキングへ
2016-05-28 反抗期の息子に「クズ」と言った母親は尋常じゃないダメ母なのか はコメントを受け付けていません。 反抗期