心理学で全ての人は5タイプに分けられる!【ホンマでっかTV】

2015年10月14日の「ホンマでっか!?TV」では、全ての人は「矢田部ギルフォード性格検査」という分析方法を元に、5つのタイプに分けられるという大変興味深い分類方法が紹介されていました。

あなたはご自分がどのタイプか、わかりますか…?

スポンサーリンク



解説:心理学 杉浦義典先生・植木理恵先生

すべての人を大別する5種類のタイプ

全ての人は、安定・不安定、外交的・内向的傾向から、以下の5つのタイプに分類されます。

0529

カームタイプ
ディレクタータイプ
ブラックリストタイプ
エキセントリックタイプ
アベレージタイプ

どのタイプが優れていて、どのタイプが劣っている、というものではありません。

5つのタイプが全てそろっている組織の方が、うまく回る傾向にあります。

この5タイプすべての人が必ず社内に配置されるよう計算して面接するアメリカの企業もあるほどです。

※自己評価と他者評価では、往々にして違う結果が出ることもあり、この分類方法では客観的視点、つまり他者評価によって分類されるのが正しい自分、ということになります。

精神的に安定していて、自分の考えを大事にするカームタイプ

0530

精神的な安定感があり、内向的な人をカームタイプと言います。

ホンマでっか!?レギュラーでは、池田晴彦先生、ブラマヨ吉田敬さん、マツコ・デラックスさんがこのタイプに当てはまります。

カームタイプの特徴

・自分の中に哲学・美学・ポリシーがある
・決めつけが激しい
・頑固なところがある
・なかなか動き出さない
・周りに影響されてブレることが少ない

その他、
・ごみの分別が完璧(自分の中の哲学がある)
・整形した人に気づきやすい(マツコさん)
・好き嫌いではっきり態度が変わる(マツコさん)
・弱い者いじめをしない一貫性(ブラマヨ吉田さん)
・面倒くさいが口ぐせの頑張らない生き方を徹底(池田先生)
・自分の世界観があり一定している
・まわりの意見に左右されない

などがありました。

揺るがない性格のカームタイプが組織にいると、ブレにくく、方向性を見失いにくい組織になります。

精神的に安定していて、自分の外に関心のあるディレクタータイプ

0534

ディレクタータイプは、精神的な安定を保ち、外に気を配ることのできる、「太陽のように輝くタイプ」の人です。

ホンマでっか!?レギュラーでは、武田邦彦先生、重太みゆきさん、磯野貴理子さん、森智恵子さん、堀井亜星さん、そして加藤綾子アナウンサーがこのタイプに当てはまります。

トークを仕事にするタレントさんや先生、経営者はこのタイプに入ることが多そうですが、明石家さんまさんはこのタイプではありませんでした。

ディレクタータイプの特徴

・とても積極的
・自分に自信がある
・押しが強い
・恥じらいがない
・自分の意見をはっきり持っている
・自分の考えを他の人に伝えたいという気持ちが強い

その他、
・めげない、打たれ強い(磯野貴理子さん)
・嘘をつくところがある⇒嘘をついてでも人を楽しませたい気持ちが強い(磯野記理子さん)
・じっとしている時がなく、積極的に活動する(森智恵子さん)
・好きなチームを敵陣の中でも堂々と応援⇒積極的で押しが強い(重太みゆきさん)
・ケンカしても絶対にあやまらない(堀井亜星さん)

積極的過ぎて攻撃的な人も当てはまる傾向にあるけれど、一般的な適応力があるのがディレクタータイプです。

スポンサーリンク



精神的に不安定で、自分の考え方を大事にするエキセントリックタイプ

0531

エキセントリックタイプは、自分の世界にこもる、自分大好きな不思議ちゃん。

エキセントリックとは、変わり者・風変わりな、という意味です。

ホンマでっか!?レギュラーでは、門倉貴史さん、今回の解説者杉浦義典先生、そしてなんとMC明石家さんまさんがこのタイプに当てはまります…!

エキセントリックタイプの特徴

・心配性(不安が強い)
・ストレスをため込む
・好きなことだけはコツコツとやる
・マイペース・マイワールドを崩さない

その他、
・観客の反応をとても気にする⇒不安定性のあらわれ(門倉貴史さん)
・やりたいこと(独自なこと)を仕掛けてくる(門倉貴史さん)
・前もって練習したり、用意してくる⇒不安のあらわれ
・ガマンをため込んで爆発する(突然ブログで怒りの番組降板を発表し、その後自ら人生相談に出演して復帰した経歴を持つ門倉貴史さん)
・見た目を気にしない(杉浦義典先生⇒レジ袋をバッグがわりにして持ち歩き、そのまま飛行機にも乗ってしまう⇒マイワールド)
・男性でも日焼け止めでカバーし、見た目を気にする(門倉貴史さん⇒マイワールド)

エキセントリックな人は内向的で不安定なため、時に突飛なことをしてしまいますが、オリジナルなものを創り出す能力に長けています

不安が強いということは、自分の感情に敏感で、人の感情にも気づきやすくやさしいという面も。

明石家さんまさんはエキセントリックなの!?

さて、MC明石家さんまさんが、門倉さんや杉浦義典先生と同じエキセントリックタイプと言うのはオドロキですが、さんまさんの分析結果が出るまでにはかなりの時間を要したそうです。

明石家さんまさんのエキセントリックな特徴

・自分の中に哲学があり、意外と内向的
・不安定要素を多く持ち合わせている
・ハニートラップにかかりやすい(精神的に不安定でムラがある)
・眠れないことがある⇒情緒不安定

眠れないことがあるタイプの人間は、沈黙が不安で、話の間を鼻歌で埋める傾向があるそうです。黙っていることができない性分なのだとか。

さらに、さんまさんはやたら漂白したり除菌するクセがあるそう。

汚れをすごく気にする人、不潔恐怖症、潔癖症、きれい好きというのは、心配性で不安のあらわれのひとつでもあります。

スマホにビーズを貼ったりなど、楽しみ方がインドア的なのも特徴のひとつです。

さんまさんがおもしろいのは、エキセントリックなのにディレクターの仕事をしているという点。

だから学術的な話に聞き入ってしまうところがあるのですね。

精神的に不安定で、自分の外に関心があるブラックリストタイプ

0532

不安定かつ外交的なブラックリストタイプは、しゃしゃり出て気分にむらがある「ロックな破壊屋」という位置づけです。

ホンマでっか!?レギュラーでは、植木理恵先生がこのタイプに当てはまります。

植木先生がブラックリストというのは意外な感じがしましたが、レギュラー陣には納得の結果だったみたいですよ。

ブラックリストタイプの特徴

・喜怒哀楽が激しい、エモーショナル
・すぐに気が変わる
・行動が人目を引く
・表現方法がオーバー

その他、植木先生にはこんな特徴も…

・外見のイメージと内面のギャップが激しい
※おおたわ史絵先生によると、植木先生はかわいらしい外見からは想像もつかない中味のドロドロさがすごいのだそうです。
・相手に伝えたいという情熱が強い⇒表現方法がオーバー
・大胆な行動・冒険ができる

ブラックリストタイプは、安定した時代より不安定な時代に皆を引っ張っていく傾向があります。
織田信長はブラックリストタイプであったと推測されます。

すべてに平均的・偉大なる凡人アベレージタイプ

0533

全ての特徴の真ん中で、バランス感覚があり、全体的に平均的な人を「大いなる凡人」アベレージタイプと位置づけます。

ホンマでっか!?レギュラーでは、おおたわ史絵先生、ブラマヨ小杉竜一さんがこのタイプに当てはまります。

アベレージタイプの特徴

・空気が読める
・人に合わせてしまう
・社会的な常識がある
・なかなか本音を言わない

その他、
・大勢のなかで姿を消すことができる(小杉竜一さん)
・状況に合わせてしゃべったり黙ったり、空気を読む(おおたわ史絵先生)
・お互いの距離感を崩さない(小杉竜一さん)

番組が混乱した時、小杉さん・おおたわ先生が丸くおさめるシーンも多々あるようです。

空気を読む力があるため、混乱した場面で話を元に戻すのがうまいのです。

小杉さんは、毎回お風呂に入る小杉さんのためにバスタオルを用意する奥様に、必ず「ありがとう」と言うそうです。

また、先輩の誘いも絶対に断らないとか。

ものごとを丸く収める能力に長けているのですね。

全てのタイプの人間がそろっていることで、魅力のある組織を作り上げることができるそうです。

あなたはご自分をどのタイプだと分析しましたか?

主観より客観性が大事なので、ご家族やお友達にも聞いてみてくださいね。

スポンサーリンク


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村


ストレス ブログランキングへ
2015-10-15 心理学で全ての人は5タイプに分けられる!【ホンマでっかTV】 はコメントを受け付けていません。 その他