新国立競技場建設計画【白紙撤回】安倍総理の会見で明らかに

安倍首相が会見し、新国立競技場の建設計画を白紙撤回としたことを表明しました。

もっと早くから白紙に戻せたのでは?という意見が飛び交う中、これは計画通りだったのではないかという意見も…。

0127

出典:毎日新聞

安倍晋三首相は7月17日午後、2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場の建設計画見直しを正式に発表しました。

これによりスタジアムの建設計画は白紙に戻ったことが正式に決まったことになります。

スタジアム建設計画のキーマンであった森喜朗元首相との会談後、「ゼロベースで見直す」と語った安倍首相。

すばらしい、総理、英断です。

よくご決断されました、パチパチパチパチ…。

終わりよければすべて良し!

…でもちょっと待って。

タイミングの良すぎる白紙撤回発表に、「もともと計画されていた予定通りの発表だっのでは?」という気もしてきます。

スポンサー リンク



安全保障関連法案採決との日程を熟考されたもの?

「戦争法案」とも揶揄される「安全保障関連法案」が強行採決されたのはおととい、15日のこと。

当日の新聞やニュース、ワイドショーでは安全保障関連法案採決のことで持ち切りでした。

「充分な国民の理解を得られてない」と言いながら強引に通されてしまった安全保障関連法案。

そしてそのわずか2日後、かねてから「今からスタジアムの計画を変えるのは日程的に不可能」と自ら語っていた安倍総理が、淡々と白紙撤回の方向性を語りました。

そして、今日の新聞やニュース、ワイドショーは見事に新国立競技場問題一色…。

安保関連法案については、「子供や孫を戦争に行かせたくない」という親として当然の意見、一方で「(アメリカに)守ってもらいながら、アメリカの危機には参戦できませんというわけにいかない」というもっともな意見、色々です。

意見は色々あって当然なのですが、大勢はまだ反対派が多く、説明が十分でないままの強行採決、そしてその2日後に新国立競技場建設計画の白紙撤回発表。

スタジアムの見直しは当然の流れで、ぜひやってほしいことだと思っていますが、やっぱりこのタイミングで来たか!という感は否めません。

政治は結局こんな風に国民の意思を無視して動いていくんだな、という無力感を感じた3日間でした。

皆様はどう思われますか…?

スポンサー リンク
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村


ストレス ブログランキングへ
2015-07-17 新国立競技場建設計画【白紙撤回】安倍総理の会見で明らかに はコメントを受け付けていません。 その他