【シジミでオルニチン効果】疲れが取れないのは肝臓機能低下かも?

ちゃんと休んでいるのに、なんだか疲れが取れない…。
最近肌が疲れて見える…。

それはもしかしたら、肝機能が低下しているせいかもしれません。

0288

眠ったり休養を取っていてもなかなか疲れが取れないと感じるときは、肝臓の機能が低下している可能性があります。

肝臓は、代謝やエネルギーを蓄えるなどの基本機能をはじめ、500種類を超える機能をこなす働き者。

そのため、肝臓の機能が低下すると全身に疲れが出てしまい、休養しているようでも疲れが抜けない状態になってしまう上、肌あれや吹き出物などの原因にもなってしまうのです。

スポンサー リンク



「オルニチン研究会」の発表したレポートによると、肝機能を改善するためには
オルニチンが肝心」なのだとか。

オルニチンとは、アミノ酸の一種で、肝臓の働きを保ち、疲労回復の助けとなる大切な栄養素。

オルニチンは、人間の体内にも存在し、血液に溶け込んで体内を巡っており、肝臓においては、有害物質アンモニアの解毒を担っています。

アンモニアは、疲労の原因となる物質の一つ。

体内に蓄積されると、だるさや疲労感が取れない、肌荒れ・吹き出物などの症状となってあらわれます。

体内にあるオルニチンは、このアンモニアを分解・解毒し、疲労回復の手助けをしてくれるのです。

また、オルニチンにはアルコールを分解してお酒の疲れを翌日に残さないようにする効果があることもよく知られています。

お酒を飲んだり、夜遅くまでの仕事など、体に負担のかかることが想定される場合、あらかじめオルニチンを摂取しておくと、肝臓への負担を軽減させることができるのです。

また、肝臓の疲労を回復させることは美肌にもつながります。
オルニチンはアンチエイジング成分としても注目されているのです。

スポンサー リンク



シジミやサプリメントで手軽に肝臓ケア・疲労回復を

オルニチンを多く含むことで知られているのがシジミ

シジミのお味噌汁は、疲労回復が期待できる健康食品なのですね。

ですが毎日シジミのお味噌汁を食べるのも難しいもの。

オルニチンのサプリメントでも、シジミと同様の効果が得られますので、お酒を飲む前、夜遅くまで残業を予定している日などは、あらかじめサプリメントを飲んで、肝臓をケアしておくことが疲労をためこまないコツのようです。

高濃度水素水の高い抗酸化力とその効果が科学的に証明された
おすすめ!サラダとフルーツをよくかんで食べる簡単イライラ解消法

スポンサー リンク
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村


ストレス ブログランキングへ

コメントを残す